【海のはじまり】ホラーで怖いと言われる理由5選!水希の行動や海のセリフが怖い((( ;゚Д゚)))



  1. 「海のはじまり」がスタートしました。感動的なドラマではありましたが、「ちょっと怖い」「ホラーじゃない?」との声もありました。

 

冷静になると「こわっ」と感じる理由としては、水季の行動がヤバい、海のセリフが怖い、という点が挙げられます。また、夏がかわいそうじゃない?と感じる声も多く上がっています。

 

この記事では、「海のはじまり」が怖い、ホラーと言われる理由について考察しました。

「海のはじまり」が怖いと言われる理由

今回の1話では、元カノが亡くなり葬儀に参列した主人公が、いきなり「父親という紛れもない事実」を突き付けられるシーンが描かれました。

何も知らなかったことさえも罪だと感じさせる空気が漂っていましたが、実はこれは1話の前半部分だけのストーリーです。

 

自分が夏の立場だったら「怖い!」「ホラー!」と感じるのも無理はありませんよね。

冒頭だけでも十分怖かったのですが、その他のホラーと感じるシーンはどのようなものだったのでしょうか?さらに深掘りしていきます♪

 

夏が水季の動画を残しているのがホラー

 

子供を中絶したと見せかけていた水季がホラー

 

中絶手術同意書を書いた後、夏の付き添いで病院を訪れた水季は、「病院ってお金払って痛い思いする場所なんだ」と言い放ちます。しかし実際にはこの時、中絶手術は行われず、その後生まれたのが海となります。

 

このウソを聞いた視聴者からは、「水季にはそれなりの事情があって手術しなかったんだろうけど、ここまで嘘をついて夏に秘密にしたのに、なんで同意書を母子手帳に入れたり、母親や同僚にまで父親の名前を知られてるってなんかあんまりじゃない?」という感想が多数上がりました。

 

 

夏の元カノ水季の存在がホラー

 

夏にはすべてを秘密にして、中絶したふりをして実際は子供を産んだ水季。そして、好きな人ができたから別れて欲しいと言いました。

 

物語としては美しいのかもしれませんが、すべては水季のわがままで、夏と今カノ弥生さんの日常をぶち壊しに来ているのがマジで怖いです。

 

水季がやりたいようにやって、結局自分が亡きあとは「父親を頼ってね」というスタイルがすでにホラーです。

 

水季はどんな思いで夏をだましてまで子供を産み、一人で育てたのでしょうか?ここまで秘密にしたのに、どんな意図があって子供の海に父親の存在を話したのか?

 

今後の展開が気になりますね!

海が1人で訪ねてくるのがホラー

 

1話の終盤、海は一人で夏の家を訪ねてきます。小学1年生になろうとする子がたった一人で、しかも一度しか会ったことのない男性の家に来るという展開に、「ホラーとしか言いようがない。怖すぎるし危ない」という意見が殺到しました。

 

さらに海は、「お母さんと一緒にこの家に行く練習をしていた」と言うので、ますますホラーに感じます。自分が知らないうちに家に来る練習をしていたなんて、どういうこと?夏が混乱するのも無理はありません。

 

 

海から夏に向けたセリフがホラー

「海のはじまり」では、海のセリフがホラーだと感じる点がありました。

 

「夏くんのパパは、いつ始まるの?」

 

このセリフが特に怖いと感じました。一人で来た時点で驚いたのですが、最後のセリフで「こわっ!」となりました。

子供のまっすぐな感情なのでしょうが、空白の7年がある夏にとっては動揺ポイント再びですよね。

今カノ弥生が突き付けられた現実がホラー

最後に、夏の今カノ弥生さんの心情を考えてみましょう。彼氏との結婚もちらほら考え始めた頃に、突然子供がいると告げられたらどう感じるでしょうか?考えただけでもホラーです。

 

夏は父親なので逃げられないかもしれませんが、弥生さんは一体どんな決断をするのでしょうか?

怖くないという意見も多い!

月9「海のはじまり」 妊娠を避けなかった主人公に非難殺到も、脚本家「避妊は100%ではない」

2024年7月9日

【海のはじまり】ホラーで怖いと言われる理由5選!水希の行動や海のセリフが怖い((( ;゚Д゚)))

2024年7月9日

元カノの動画7年もとっておいた元カレと 黙って産んだ子どもにパパの名前と家を刷り込む元カノという壮大なホラーなのだが

2024年7月8日

“夏くんのパパはいつはじまるの?” このセリフの破壊力!涙引っ込んだんですけど、【海のはじまり】

2024年7月8日