現在の上島竜兵がTVに出られなくなった”かわいそうな”事情とは




画像元:https://www.instagram.com/dachoclub_official/

五輪も終わりました。

「感動をありがとう」

って言葉ありますよね。
五輪が始まる前は

「はっ」

って気持ちでしたが、五輪後、

「感動を本当にありがとう」

言ってしまうものです。

野球やレスリングの金メダルは

「うおおおおおおおおおおお」

久しぶりに家内から怒られるほど
大声を上げてしまいましたよ。

さて来週のアメトークになんと、
ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが
還暦になったということで、

上島竜兵特集を送ります。
上島竜兵さん、懐かしい。

一時期、バラエティロケ番組で、
ダチョウ倶楽部の名前を聞かない日はなかった。

寺門ジモンさんはこの前、
現在通販番組で成績を出してる
芸人のエピソードにて、

いいアドバイスをいただいた先輩として
久しぶりに名前を見たのです。

最近、彼をテレビで見る機会がなく、
何があったのだろうと思って、
色々調べたところ……

 


上島竜兵の簡単な生い立ちから死まで

画像元:https://youtu.be/UBzTqT8B7gk

上島竜兵さんは1961年、兵庫県生まれの2021年で60歳(還暦)。
元々は役者を目指していたとのこと。

テアトルエコー付属養成所で同期の寺門ジモンさんに声をかけられ、
上島さんも参加し、俳優からお笑い芸人へと変わりました

リーダー肥後さんのインタビューによりますと、
ダチョウ倶楽部はもともと数十人の劇団からなっており、
当時いた先輩から声をかけられた。

「お笑いライブを開くから、君も入ってみたら?」

そこに参加したのが現在ダチョウ倶楽部である三人と
現在は電撃ネットワークにいる南部さんだったのですね。

お笑い芸人になったのはたまたま縁があったから。
最初からお笑い芸人を目指していたわけでない発言にびっくり。

なお上島竜兵さんは2008年に大きな舞台へ挑み、
現在は俳優業もやりながら笑いもやっているとのこと。

最初の夢がかなってよかった。

そして2022年5月11日、自宅でなくなっていると発表
享年61歳。ご冥福をお祈りいたします。

 

上島竜兵流笑いの哲学

画像元:https://www.fujitv.co.jp/asagao2/news/news43.html

お笑いについて、上島さんは雑誌のインタビューで述べています。

「人をバカにする笑いは嫌だ。
人から笑われようと、自分が笑わせようと、
笑いが発生すれば、どちらも同じ」

自分が笑っても、笑われても、笑わせても、
とにかく大切なのは、そこに笑いが起きること。

僕は幼い頃、竜兵さんのキレ芸に笑っておりました。

あのキレ芸一つをとっても視聴者に不快感を与えず、
きちんと笑いへ昇華するまで、とことん計算していたのですね。

そこで上島さんの笑いレパートリーをいくつか見ていきましょう。

 


上島竜兵笑いのレパートリー

画像元:https://youtu.be/glnrejxdaQg

僕が知っている上島竜兵さんの芸として、まずはキレ芸です。

例えば上記画像は志村けんさんとのコントにおいて、
上島さんが志村さんにキレてるところです。

今見ると上島さんの怒りって怖いんだけど笑っちゃいますね。

他にも押すなよ、押すなよと上島さんがいって、
ほかの二人が押して上島さんを転ばせたり熱湯風呂に入れさせたりする。

その後切れながら上島さんが一言いう。

他にも「どうぞどうぞ」と、「俺がやる」「いや、俺がやる」
本当はやりたくないことに対してみんなが笑いのために手を上げる。
「じゃあどうぞどうぞ」といって自らババをひく。

画像元:https://youtu.be/UBzTqT8B7gk

他にはモノマネもやっていたと。
忘れてたのかな、僕、知らなかった……。

さらには男性にキスをするキス芸もあるとのこと。
僕、意外と知らなかった。そしてキス芸について、驚きの情報がありました。

 

コロナのせいでテレビから追い出される?

画像元:https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_234504/

上島さんの笑いの取り方について、
日刊サイゾーで驚きの情報がありました。

今年3月大阪の地元番組、
上沼・高田のクギズケ!に出演した時のこと。

新型コロナウイルスによってキス芸を封印されたと述べているのです。

キスを通して相手と農耕接触を行った結果、
上島さんか相手のどちらかに病気をうつしかねません。

だから上島さんの持ちネタが一つ封印されたと。

上島さんの話によりますと、番組で実際にキス芸をしたけど、
編集では確実に落とされると述べています。

昔はできたことが今、できなくなる。
テレビ側が自粛をやりすぎた結果、竜ちゃんを呼ばなくなる。

それで上島さんは干されてしまうのではないか……恐れていました。

ちなみに有吉さんのラジオに上島さんがゲストとして出たとき、
緊急事態宣言のせいで、ごく一部の地方営業のみで、
ほとんど仕事がなくなったと述べていました。

またキス芸のほかにあつあつおでんを食べる芸、
押すなよ押すなよといって熱湯風呂に入れる芸もやれなくなったとのこと。

熱湯風呂は風呂の水を取り替えなければならず、
やりにくくなったと述べていました。

早くコロナウイルスが撲滅あるいは徹底的な弱体化によって、
生活が元に戻ればいいですね。

 

※追記 20225/11

上島竜兵さんが首をつってお亡くなりになられました。
ご冥福をお祈りします。