CreepyNutsの仲良しエピソードを調べた結果ある女子の掌返しに笑いがとまらん


画像元:https://www.instagram.com/noritakekinashi_official/

明日放送の番組、今夜くらべてみましたに、
CreepyNutsのDJ松永さんがでます。

小学校はみんなに見てもらうために絵を描き、
ある時点で大いに挫折した後、

ターンテーブルと出会い、
気づいたらDJ全世界大会にて優勝、
現在チェリーボーイのDJ松永さん。

SOUL’d OUTを通してヒップホップと出会い、
RHYMESTERを通して「俺でもできる」確信。

詩を書き、梅田のクラブなどで技を磨き、
フリースタイルダンジョンで面白さと、
ひねりをもたらすラップを作るR-指定さん。

二人からなるコンビです。

Rさんは基本ラップバトルを繰り広げ、
相方ともラップで戦っているのかと思ったら……

二人はとても仲がいい。
今回は二人の仲良しエピソードを追いかけました。

くわえてクリーピーナッツが世の中に何をもたらしたか。
とても面白い話も紹介していきます。

※画像中央は木梨憲武さん。

 


CreepyNutsはあべこべだから仲がいい

画像元:https://www.tvguide.or.jp/

僕が思うCreepyNutsの良さは、あべこべな生き方、性格にあります。

片方はチェリーボーイで純粋を貫いている(笑)。
もう片方はそうでなく、見た目ワイルドさがある。

外見についても、Rさんはひげを生やし長髪ですが、
松永さんは細くてひげも沿っており、さわやかさがあります。

あまり似てるところがないからこそ、相方のここが面白い!を見つけられる

芸人でも相方と自分の生き方が大きく違うからこそ、
ある考えについて「え、お前はこう思ってるの?」

衝撃を受けつつ「こういう考え方もあるかあ」
相方に対する魅力に気づきやすいんですよね。

 

それぞれの自宅訪問に見る相方の面白さ

画像元:https://youtu.be/XXd8Ym7tFEo

あべこべな部分は家一つにも表れています。

音楽専門チャンネルSPACE SHOWER TV公式動画チャンネル、
blackfilesstvにて、Rさんが松永さん宅を訪問していました。

動画を見ると、松永さんは引っ越しをされていて、
引っ越し前のカーテンは黒く、貧乏時代はレースカーテンのみだった。

外から丸見えでいろいろ苦労していた話を語っていたのです。

Rさんはツッコミを入れながら、時折「すごい」を連発し、漫才を見ている感覚です。

気になった部分として、Rさんは「部屋や小道具が真っ白すぎて気持ち悪い」と、
松永さんの自宅について述べていたところ。

調べたところ、松永さんは潔癖症と指摘を受けていたのです。

松永さんはスーツ姿でロケや仕事場に行くことが多く、
帰宅したらすぐ洗濯をはじめ、靴もピカピカに洗うとのこと。

また過去には汚れた部屋を見たくないし、住みたくもない。

そこで松永さんはつま先立ちで室内を歩き回りながら、
汚れにとても気を使っていたというエピソードを述べていました。

 

CreepyNuts伝説1:即興ラップ

画像元:https://youtu.be/2NR3ycwXXk8

お二人の仲良しエピソードにて、
とても気になる話が少なかったので、ここからは趣向を変えます。

現時点で僕が考えるクリーピーナッツのすごさ(伝説)!

はじめは即興ラップです。
即興ラップとは視聴者や観客から3つほどお題をもらいます。

3つ以上の言葉を合わせてすぐさまラップを作り、歌っていくのです。
いわゆるフリースタイルです。

例えば「ファーストクラス、りんご娘、大航海時代」
観客から3つほどもらったらRさんは3分もたたないうちに、

「じゃあ行きますか」

歌いながら強引に三つを組み合わせつつラップを作り、
歌詞だけを聞いても「納得できる」ぶわっと来るのです。

僕はフリースタイルを通してクリーピーナッツが好きになりました。

多くのラッパーも即興スタイルをやっていると思います。

しかしなんかの番組でRさんがゲストに出ると、
すぐ「じゃあお題をください」と始まるので、
他のラッパーに比べて、僕はこう思ってしまうのです。

「即興ラップといえばクリーピーナッツ(R-指定)だ」

なおRさんの魅力はこちらでも語っています。

 

CreepyNuts伝説2:どついたれ本舗で掌返しをした女の子

クリーピーナッツのオールナイトニッポンにて、松永さんがとても面白い話をしていました。

クリーピーナッツは二人とも楽曲や詞を提供し、
二人そろって大人気ラップバトルコンテンツ、
ヒプノシスマイクのどついたれ本舗に曲を提供したのです。

ちなみにヒプノシスマイクはスチャダラパーをはじめ、
オリエンタルラジオの藤森慎吾さんも詞を提供しています。

さて松永さんが全世界DJ大会の優勝をとった後、
知人とあるガールズバーに行ったときの出来事です。

そこで働く女の子が松永さんのそばにやってきた。
松永さんがDJ世界一をとっても、女の子は大した関心を抱かなかった。

さらに女の子はため口で松永さんと話をしていた。

しかし、知人がヒプノシスマイクの話をすると、
女の子は大きく目を開け、口を開き、大きく流れが変わった。

画像元:https://youtu.be/09GfTUSPxhw

ヒプノシスマイクはいくつかのグループに分かれており、
女の子はどついたれが一番好きだった。

どついたれの歌を作った人物が目の前にいるとわかったとき、
女の子は「好きいいいいいい」驚嘆し敬語口調に変わり、
松永さんの前でマイクを持ち、歌い始めました

動画を見ていただくと分かると思います。
どついたれ本舗は性格の違う3人の男性が歌っており、とても難しい。

Rさんも大変難しいと述べている。

女の子がきちんと韻を踏み、リズムをつかみ、
一言一句間違いなく、3人の声をきちんと使い分けていた

あまりにも完璧すぎて、松永さんはもちろんRさんもショックを受けていたのです。

R指定「俺の仕事がなくなるやん」と。

女の子にとって体調が悪い時でも、どついたれ本舗を聞くと、
どういうわけか体調も良くなる
とのこと。

Rさんやラジオスタッフもちろん、僕も腹を抱えて笑いました。

人を元気にさせる歌を作った。

もちろんヒプノシスマイクというコンテンツの効果もありますが、
歌に命を与えた二人はすごいといえるでしょう。

 

関連記事:素人でも気づくr-指定が負けた意外な原因!

関連記事:dj松永がかっこいい理由はチェリーボーイと若林のマル秘エピソードにあり!












ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪