高杉真宙は福岡のどこ出身?中学や高校は?横浜流星とは高校の同級生

高杉真宙




さわやか系若手俳優の高杉真宙は、ゴチ新メンバーに選ばれて、今までに見せたことの無い顔を見せてバライティでも活躍の場を広げています。

そんな高杉真宙の出身中学や高校などについて調べていきたいと思います。


高杉真宙は福岡のどこ出身?


高杉真宙がスカウトされたのは、小学6年生の時に家族と一緒に行った熊本県・八代で行われた花火大会です。

この時、高杉真宙は女の子と間違われてスカウトされています。

高杉真宙の出身地を出身中学から考えてみました。

高杉真宙は地元の福岡市立老司中学校へ入学しています。

中学校の学区から考えると、福岡市立老司中学校の学区は、福岡県福岡市南区老司になります。

また、高杉真宙はくすの木幼稚園に通っていました。くすの木幼稚園は福岡県春日市にあります。

福岡市と春日市は隣の市になっています。

高杉真宙は福岡市立老司中学出身で、五郎丸と同じ中学校

高杉真宙は福岡市立老司中学に入学しています。


九州の中では剣道の強豪校です。

年代は違いますが、ラグビー選手の五郎丸と同じ中学校です。


その時、小学6年生の高杉真宙に対して、両親が「自分に決めなさい」と、自分で決めるように言われたので2年くらい悩んで上京したといいます。

高杉真宙は、中学2年生の時に上京して、事務所の寮で生活を始めました。

中学2年の時に、日出学園中学校(現:目黒日本大学中学校)に転校し、2012年3月に卒業しています。

高杉真宙は、公式プログに、制服を着て卒業したことを掲載しています。

卒業式の日に久しぶりに両親と会えてゆっくり過ごせたとあります。


高杉真宙は日出高校で横浜流星や中条あやみと同級生

高杉真宙は、2012年4月に日出高等学校(現:目黒日本大学高等学校)・通信制課程・芸能・スポーツプロフェッショナルコースへ入学しいます。


単位を取るのが大変だった中でもマネージャーのおかげで学校行事に参加でき、高校生活を楽しんでいたようです2015年3月に卒業しています。

 

高杉真宙と横浜流星はクラスメイト

高杉真宙は、2016年7月8日公開の『Oggi.jp』のインタビューで、横浜流星と同じ高校の同級生だったと話しています。


しかし、最初はお互い性格の違いから一言も話をしなかったと言います。高杉真宙が高校2年のときに「仮面ライダー鎧武/ガイム」に出演したのをきっかけに話をするようになったといいます。

元々高杉真宙は、人見知りをする性格で「仮面ライダー鎧武/ガイム」で共演した志田友美とは撮影が開始してから2か月間は会話をすることがほとんど出来なかったといいます。


高杉真宙が仮面ライダーに出演していたちょうどその頃、横浜流星は「烈車戦隊トッキュウジャー」のオーディションを受けていました。

 

横浜流星が高杉真宙に「どうやったら戦隊モノになれるの?」と話しかけたその一言がきっかけで、カフェで7時間も演技について話しができるくらい意気投合したと言います。

 

今は、お互いプライベートでは「真宙 」「流星」と下の名前で呼びあっていて、一緒に食事に行くほど仲が良いといいます。


横浜流星の他に、俳優の佐藤寛太や女優の美山加恋、歌手の目黒蓮(Snow Man)など多くの同級生がいます。

佐藤寛太は親友と呼べる仲といいます。

まとめ

高杉真宙は、出身地である福岡を本格的な芸能活動を始めるために、中学2年の時に単身で上京しています。

高校の頃から俳優業が忙しく忙しくなってきましたが仕事だけでなく、学生生活も満喫できたようです。

高杉真宙は、2021年4月11日をもってスカウトされてから11年間所属していたスウィートパワーを退所していますが、今まで出来なかった事に挑戦したいという高杉真宙の活躍に期待したいと思います。