【画像】田中真美子はハーフ説は本当?そう言われる理由3選!



田中真美子さんは、2019年から2023年まで富士通レッドウェーブでバスケットボール選手として活躍しました。

そして、2024年2月29日にはMLBドジャースの大谷翔平選手と結婚を発表し、彼の奥様としても注目を集めています。

 

彼女について調べると、「ハーフ」という言葉がよく見られますが、その実態はどうなのでしょうか。

 

これについて詳しく調査してみました。

 

【画像】田中真美子はハーフ説は本当?

田中真美子さんのハーフ説について、結論から言うと、真相は不明ですが、彼女が日本人である可能性が高いと思われます。

 

彼女のお顔立ちや日本人離れした長身・スタイルの良さから、「ハーフなの?」という疑問が生じていますが、公式にその事に触れている情報は見当たりません。

では、なぜこの「ハーフ説」が広まったのでしょうか。

その理由を詳しく見てみましょう。

 

田中真美子がハーフと言われる理由3選

目鼻立ちの印象

田中真美子さんは、目鼻立ちのはっきりした美しい顔立ちで、どことなく西洋の雰囲気を漂わせています。

その印象から、「ハーフでは?」という推測が生じた可能性が高いでしょう。

 

しかし、彼女の国籍や出身地に関しては、Wikipediaの情報では国籍は日本で出身地は東京都とされています。

ただし、国籍や出身地とハーフかどうかは必ずしも関係がないこともあります。

 

田中真美子さんには、2歳年上のお兄さんがおり、彼は純日本人の顔立ちをしています。

兄である田中真一さんは、リコーブラックラムズ東京で活躍するラグビー選手であり、さらにアパレルブランドも経営しています。

彼の純日本人の顔立ちから、「真美子さんもハーフではないのでは?」という声もあるのです。

 

色白

田中真美子さんの「ハーフ説」の要因の一つとして、彼女の色白であることが挙げられます。

確かに、彼女は白くて美しい肌を持っています。

 

しかし、日本人でも色白の方は存在しますし、田中さんが中学校からバスケットボールに打ち込んでいたことも考慮すべきです。

バスケットボールは屋内スポーツであり、このことが彼女の色白の肌に影響している可能性も考えられます。

 

高身長

田中真美子さんの身長が180cmという、日本人離れした高身長は注目されるポイントです。

20代の日本人女性の平均身長が157.5cmであることを考えると、彼女の身長は平均よりも20cm以上も高いことになります。

 

この長身は確かに珍しいものであり、一般的にはあまり見かけることがありません。

彼女の兄である田中真一さんも、187cmという日本人離れした長身を持っています。

このような一流のアスリートの兄妹であることから、ご両親も何かしらのスポーツなどを行っていた可能性があります。

彼らが身長や体格に恵まれていることから、この点もハーフ説が浮上する一因と考えられます。

 

最後に

田中真美子さんがハーフ説について憶測される理由を4つご紹介しましたが、単純な印象や推測に基づいています。しかし、真相は明らかではありません。

 

ただ、田中さんが美人で印象深いとされるほど、彼女の魅力が際立っていることは間違いありません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。