激かわいい石田ゆり子のような美肌をつくるコツ

画像元:https://www.amazon.co.jp/

石田ゆり子さんは40代後半ながらも、お肌の衰えを感じさせません。
美肌の秘訣ってどこにあるのでしょう?

どうやったら石田ゆり子さんのような美肌を維持できるのでしょう?

 

お肌に嫌がることをしない

画像元:https://www.amazon.co.jp/

美肌の基本は「お肌にとって嫌がることをしない」です。
(お肌の声を聴けということですね)

石田ゆり子さんはぬるま湯で顔を洗っているそうです。
ぬるま湯の目安は右手をお湯に浸かっても「熱い!」感じない程度ですね。

洗う際、お肌をこすらないように美容石鹸を使わないで、顔にぬるま湯をあてる感覚です。

なるほど、こすらなければいいのか。
ただ、ぴちゃぴちゃとぬるま湯を顔に当てればいいのね。

僕の場合、朝は石田ゆり子さんのようにぬるま湯に加えて、
塩をプリンやアイス用のプラスチックスプーン一杯ほど入れて洗っています。

塩をぬるま湯に入れる理由は両目についたごみを落とすためであり、
塩を入れないと、目が痛くなるのです。そのうえで顔をこすって洗っていました。

ゆり子さんのように、顔をこするのをやめてみようと思います。

なお、かわいさ萬斎の石田ゆり子さんの画像を見るならこちらが一番です。

 

石田ゆり子さんは乾燥肌

画像元:http://www.irasutoya.com/

ゆり子さんがなぜ顔に優しく洗うのか?
彼女のお肌が乾燥肌なのだそうです。

僕も乾燥肌であり、保護クリームを欠かせません。くわえて僕はお肌が弱くてひっかきやすい。

保護したところほどかゆくなり、ひっかいてしまい、悪化します。
そういうときは正反対の「肌断食」を行っています。
かゆくなっても何もつけない。つけるとしたら水のみ。

最初はつらいのですが、お肌が本来持つ力を引き出して、少しずつ肌力が戻るのです。

 

毎日欠かせない食物はこれだ

画像元:http://forest17.com/

次に石田さんは毎日、決まったものを取っているそうです。

  • 玄米
  • 納豆
  • 小松菜(緑黄色野菜)
  • 豆乳ヨーグルト
  • 千鳥酢を飲む

玄米は白米に比べるとビタミンやミネラル、食物繊維が多いのですが、
口あたりがもさもさして、白米に比べるとあまりおいしくありません。

納豆はお肌にも影響を与える「お通じ」を出しやすくする効果があります。
僕も夕食にほとんど食べています。

関連でヨーグルトですね。ヨーグルトも善玉菌を増やし、
お通じ促進を高める効果を持つのです。

お肌の栄養をつくる小松菜やトマトといった、
緑黄色野菜を必ずおかずとして入れ、食べること。

緑黄色野菜、子供のころはほとんど食べなかったなあ。
年を取ると、お肉やお魚と一緒に食べるのがおいしくなるのです。

画像元:http://chidorisu.co.jp/

後は千鳥酢という米酢。京都にある料亭で調味料の一環として使うのだそうです。

ホームページで調べたところ、千鳥酢は村山造酢株式会社で作っており、
そのまま飲むと、まろやかで酢の香りがするのだそうです。

 

冷水よりも白湯

石田さんは冷え性だそうです。
そこで冷水よりも体の冷えを少しでも取り除く白湯を飲んでいます

僕も水を飲むとき、やかんにお湯を沸かして湯冷ましを飲んでいます。
冷たい水を飲むと、おなかが消化不良を起こすようなきつさを感じるのです。

特に僕は朝、食事を野菜ジュースコップ一杯で置き換えているので、
胃の中には固形物がありません。
だから冷たい水は体全体(手足は特に)に響くのです。

一方で白湯を飲むと、胃腸内が温かいと感じますし、お通じ対策にも本当にいい。

 

美容によい食事をとる際の注意

昔、健康に関する本を一冊読んでいた時、以下の言葉がありました。

「あなたにとって『おいしい!』と思えるものを食べるのが一番の健康」

いくら栄養の高い食事でも「まずい!」思ったら、
ストレスをため込み、栄養でなくなります。

食事一つにストレスをかけないよう、注意してください。

たいてい、年を取ると大半の食べ物がおいしくなります。
おまけに調理方法によっておいしさも変わってきます。

 

体を温めて冷え性を防ぐ

画像元:http://www.irasutoya.com/

冬だと体が冷えやすくなります。
真っ先に手足が冷えて、肌荒れしやすくなります。

僕の場合、体が冷えるとお肌をひっかきたくなるのです。
冷えると体力が落ちる感じがします。

そこで温めるのですが、石田さんはお風呂に入る。
白湯を飲む、厚着を心がけているそうです。

厚着する際、インナー、腹巻、タイツを着用する。
手の冷えは手袋、足は靴下を二重にする
など、冷えをつくらないと。

くわえて簡単な運動も心掛けると、冷えを防げます
石田さんは水泳をやって有酸素運動を行っているのですね。
(有酸素運動:ウォーキングなど呼吸を積極的に行う運動)

僕の場合は腹筋、スクワット、腕立て伏せ、そして逆立ちです。
回数は適当でかまいません。疲れて息が上がったらやめて、
違う運動を行っていけば、だんだん体が温まっていきます。

冷えは肌への影響はもちろん、便秘や免疫にもきます。

画像元:http://www.yunphoto.net/

食事の場合、鍋物を取ると基本、体が温まります。
石田さんも様々な鍋をつくって食べるそうです。

鍋はいろんな具を入れます。
特に体を温める大根やニンジンといった根菜類をいれないと、体はあまり温まりません。

僕のおすすめはすき焼き風の肉鍋です。あなたはどうでしょう?

 

姿勢をよくする運動を行う

画像元:https://manabiba.tv/

姿勢をよくすれば、美肌とみられやすい。
姿勢が悪いと「あの人、老けているよね」見られやすい。

姿勢を浴すれば代謝も上がり、便秘対策にもつながります。
便秘とお肌は絡んでおり、姿勢を正すだけでお通じにも影響を与えます。

良い姿勢は自分で意識しないとできません。
石田さんはピラティスというインナーマッスルを鍛える方法で、
姿勢をよく保っているのだそうです。

なお姿勢に関する運動はダイエットはもちろん、顔にも影響を与えます。
例えばこちらの女優はやせる前後では別人となっているのです。

 

簡単で難しい美肌つくり

画像元:http://www.irasutoya.com/

石田ゆり子さんが美肌を保つコツを見ると、簡単ですね。
大半が今すぐできることばかりです

だからこそ、継続が難しい。
人間は怠けたりさぼったりする傾向があります。

継続させるために、自分のお肌を含む体調と向き合っていかねばなりません。
毎日記録をつけて、自己管理を行っていくと、継続できると思います。

後、関連として深田恭子さんの体調管理について触れた記事があります。

深田さんがダイエットしたときのやり方と、
石田ゆり子さんの美肌管理において、一部被るところがあります。

ぜひ合わせてお読みください。

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪