ぼる塾田辺の若い頃を調べた結果ある一言に思わず”ビクっ!”としたんだが


画像元:https://twitter.com/ntvkonkurabe

ぐるナイや今夜くらべてみましたに、
レギュラーとしてお笑い芸人ぼる塾がでます。

ぼる塾は女性4人組の珍しい芸人で、
元々二組の女性芸人が組み合わさりました。

上記画像左からはるかさん、あんりさん、
そして田辺さん
となっているのです。

うち一人は既婚者で現在育児のため
表での活動を休んでおり、
テレビでは3人組として出ています。

ぼる塾田辺さんの若い頃をおいかけた結果、
まさかの人物に関する愛が強すぎて、

ニヤニヤが止まりません。

そして芸能人、特にアイドルなら絶対に
意識すべき一言
を田辺さんは述べており、

僕は「ビクッ」としました。

 


ぼる塾田辺の簡単な生い立ち

画像元:https://twitter.com/shimasahead

はじめにぼる塾田辺さんの簡単な生い立ちから見ていきましょう。

田辺智加さんは1983年千葉県生まれの2021年で37歳。
血液型はO、身長167cm 体重84kgとなっています。

関東国際高校を卒業した後、
ディズニーリゾートでアルバイトをはじめ、生計を立てていました。

何があって芸人を目指すようになったのか?
色々調べていたのですが、乗っていませんでした。

ディズニーでバイトをしながらNSCへ通い
2012年5月に酒寄希望(さかよりのぞみ)さんと「猫塾」を結成したのです。
2019年に酒寄さんが産休のために芸能界を離れ、ピンになりました。

そこで別のコンビ「しんぼる」の二人(はるかさんとあんりさん)が
加入して「ぼる塾」
になり、現在へ至ります。

 

猫塾時代のエピソード:腕のせいで売人に

画像元:https://youtu.be/AA76AK2YQJ0

猫塾時代のエピソードを調べていたところ、
田辺さんが韓国へ旅行した際、薬の運び屋と間違われ、
空港でひと悶着あったとのこと。

田辺さんの二の腕があまりにもたるんでおり、
「不自然に太い、薬を入れているだろ? 怪しい……」

検査官から徹底的に調べられたとのこと。

空港での麻薬捜査について、テレビで時々取り上げていますね。

ある運び屋は胃の中に薬を入れて歩いていたけど、
体調不良によって原因を調べた結果、薬を見つけたと。

ある人は煙草の中に薬を詰めていたと。
麻薬は国によって死刑となるところがあります。

また海外旅行で聞く話として、
本人の知らない間に運び屋として加担させられそうになった

バックとかに物を仕込まれて、空港前できちんと確認をとらないと、
薬の運び屋として逮捕されてしまうのです。

 

田辺ギャル時代がもたらした意外なエピソード

画像元:https://youtu.be/szoSt4oCQn8

田辺さんを調べているとギャル時代の画像がありました。

よく渋谷に行き、ギャルサークルへ入り、
彼女らと一緒に踊りまくって楽しんでいたとのこと。

人気モデル、益若つばささんに憧れてスタイルを変えた結果、
体重も今より30キロほど落ちていたのです。

田辺さんはギャル時代、27歳だった。

一方周りの子たちは平均17歳の少女であり、
年下との触れ合いが今のぼる塾に大きな影響を与えているのです。

ぼる塾は猫塾としんぼるの二組が混ざったカルテットであり、
しんぼるの二人は田辺さん酒寄さんより10歳も年下です。

めざましテレビインタビューによりますと、
ギャル時代から10歳下の女の子たちと接していたため、
しんぼるの二人とも仲良くやれている
と述べています。

画像元:https://youtu.be/c_hmgQkhgZU

また別のインタビューによりますと、
しんぼると猫塾が組んだ後、芸人としてどういう立ち位置になるか?

猫塾の二人がしんぼるの二人に対し「そのままでいいよ」アドバイスを送りました。

結果、今の芸風になりブレイクへのきっかけにもつながったのです。

田辺さんも年齢による将来設計など、いろいろ悩みを抱えていた。

年下のコンビとカルテットを組むようになってから、
思いつめることもなくなり、元気になった。

年下とのコンビは自分と同世代でないからこそ、
いろいろ視点も違うし、得られる気づきも多いですね。

 

KAT-TUN亀梨和也の前で語った大切な一言

画像元:https://youtu.be/UK8Ea-m7WsY

田辺さんは高校時代からKAT-TUN亀梨和也さんのファンであり、
コンサートがあれば必ず足を運び、グッズを購入していました。

きっかけは亀梨さんがジャニーズへ入った(当時14歳)とき、
野球イベント(J2000)が開かれ、田辺さんもスタンドで観戦した。

ボールを投げる亀梨さんの姿及び、お辞儀一つに田辺さんは美しさを感じた。

学生時代のあだ名が「亀梨」といわれるほどはまり、
もちろんライブがあるとすぐ足を運び、グッズを買っていた。

田辺さんは考えました。

亀梨君を目の前で見たい、どうしたらいい?

田辺さんによると地元公演は東京に比べ、会場が狭い。
だからこそ近くで見ることができるんじゃないか?

彼女の仮説は当たっており、なんと彼と目を合わせることができた。

ぼる塾田辺として亀梨さんに想いを伝えるコーナーにて、

画像元:https://youtu.be/c_hmgQkhgZU

「覚えてますか、亀梨君。あなたと目があった、あの時の私がここにいま~す」

彼女の発言に僕は「びくっ!」と感じました。
芸能人、特にアイドルならこの発言は重要だと考えています。

アイドルはファンあって活動できます。芸人も同じですよね。

ファンに想いを伝える手段の一つとして、
ファンを見ながら歌い、語り、そして思いを伝える。

亀梨さんが私を見てくれた!

亀梨さんからすると、実際に見たかどうかわからなくても、
田辺さんは現在でも数分前に起きた出来事として語っています。

芸能活動だけでなく、すべての仕事において、
「見られている」という感覚は重要だと思っているのです。

後に誰かが田辺さんを見て惚れたのち、
今度は田辺さんがファンから言われるかもしれません。

「覚えてますか、田辺さん? あなたと目があった、あの時の私がここにいま~す」












ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪