引退後の潤羽るしあが原神で大炎上!どちらに仁義がある?




画像元:https://wired.jp/

今年2月に引退させられたVチューバ―の潤羽るしあさん。

いや、潤羽るしあの声を演じていた方が、
引退してから「みけねこ」と名前を変えて、活動しております。

昨日、ツイッターが大いに盛り上がり、
今日もまた盛り上がっておりました。

最初、彼女がやらかしたのかと思った。違った。
色々調べていくうちに、思ったことがあります。

「これはどこに仁と義があるんだ」

 


潤羽るしあの生い立ちから解雇まで

画像元:https://twitter.com/uruharushia

改めて潤羽るしあが産まれてから解雇になるまでを振り返りましょう。

ホロライブプロダクションに所属していたキャラで、
イラスト担当はやすゆきさん。
そして声を今回話題となっているみけねこさんが担っていた。

2019年にデビューを飾り、VR空間でライブや雑談を行い、
スパチャ(投げ銭)では8000万円ほど稼ぐキャラだった。

今月2月、ロシアがウクライナを侵攻しだしたとき、
るしあさんがゲーム実況ライブを行っていた。

するとプライベートチャットの内容が漏れてしまった。
さらに暴露系ユーチューバーによって、大ごととなった。

さらにさらに、るしあさんを応援するためのタグ、
「るしあ台好きだよ」がツイッタートレンドに乗り、
ハッシュタグ経由で「We love Russia」と変換され、

「日本よ、裏切ったのか」世界中に誤解を与えてしまった

ホロライブ側は「契約違反」と認定し、潤羽るしあは解雇されたのです。

解雇されたので、今後一切ホロライブ内での活躍はなし。
声優を変えて新たな活動もなし。

ツイッターアカウントは今も残っておりますが、更新しておりません。

 

みけねこの原神炎上を調べた結果

解雇となった「るしあに声を当てた人」は、
みけねこと顔を出し声を出し活動を始めます。

YOUTUBEで配信を行ったところ、登録者数はおよろ160万をこえた。
YOUTUBEの広告費を考えますと、配信だけで食べていけますね。

まぐまぐニュースによりますと、
大ごとの発端は4月3日の「原神やりたい」つぶやきにあった。

僕はゲーム原神をやったことがないのでわからないのですが、
この時点で大きなどよめきがあった。

彼女が原神をやりだしてから事件は起きた。
みけねこファンの新規参入者と古参プレイヤーでいざこざがあった。

古参が新規の頼みを断り、新規が古参に暴言を吐いた。

古参が「新規がやったことをやらないように」注意喚起したところ、
「新規=みけねこ」周りが捉え、みけねこさんを批判した

彼女は「やめてくれ」本人に言ったところ、
今度は彼女のファンが古参プレイヤーを激しく批判し、
古参は原神から消え去った(引退した)のです。

はじめ、みけねこさん本人が盛大にやらかしたのか。

思っていたのですが、彼女は巻き込まれただけ。

後にみけねこさんは古参について、
「自分や周りをあおるつぶやきばかりしていた」述べております。

色々な因縁が複雑に絡み合ってるのね……
途中から自分の頭もぐちゃぐちゃになってきたのです。

※上記動画を見ると、ますます頭がぐちゃぐちゃに……

影響力ある人が配信すると、ファンもこぞって入ってくる

ファンと古参(ファンかどうかは関係ない)でもめごとを起こし、
ファン元の本人(みけねこ)に間接被害が及ぶ。

間接被害に対してコメントを述べた結果、古参がその場から出て行った。

古参はみけねこさんや取り巻きに対し、煽る発言ばかりしていた。

https://twitter.com/chloe4894/status/1513078219419054085

原神を配信している会社から見ますと、
長続きできる顧客を一人失ったので、損失にあたります。

新規参入者が半年以上遊び続けてくれるなら、
損失を防げるかもしれませんが、

みけねこさんが半年以内に「もーやーめた」言って、
ファンも次々とやめたら、大きな損失を出すでしょう。

人気者は大変ですね。ファンの業も背負わなければならないのですから。

そのうえ、何かがあったらすべて自分のせいにされる
(自分に原因がないことでも!)
のですから。

 


アプリ原神の魅力

最後にアプリゲームで大人気を誇る原神について書きます。
原神は中国のゲーム会社が開発した作品です。

※今中国ではゲームに対する大規模な規制を行い、
ゲーム会社も次々と海外に逃亡か廃業かを迫られている。

動画を見る限り、ゼルダの伝説とか聖剣伝説3に近い。

元素(火水土風など)を用いて敵を倒したり、場所を変えたりしながら遊びます。

場所移動一つをとっても、旧来のゲームによくある「ただ一つの正解」がなく、
自分で作った道で新たな出会いやイベントが起きる。

決められた道がないからこそ、色々な個所を歩く楽しさが生まれると。

第三者と協力して遊び、一緒に与えられた指令をこなし、仲間意識も持てる。

多数のキャラから数人選び、期間限定のイベントをクリアし、
より強い武器や条件を得るためにお金を払うのですね。