菜々緒の昔の写真と今を見比べてびっくりした


画像元:https://matome.naver.jp/

菜々緒さんは現在、モデルであり女優でもあります。
昔も今と同じくらい、今以上に美人だったのだろうか。
あるいは昔はそれほどでもなかったのか?

気になってしまったので、調べてみました。

 


昔の菜々緒

画像元:http://trend-geino.com/

菜々緒さんの高校1年生時の画像です。
出典はミスセブンティーンという雑誌だと思うのですが……
このころから、すでに芸能活動をしていたのでしょうか?

僕が知る限り、菜々緒さんは西川貴教さんとお付き合いする、
1年ほど前から芸能活動したのかなあ~と思っていました。

菜々緒さんは20歳(2009年)でラウンドガールとして、
芸能界に入っており、高校生はまだ一般人
です。

高校1年生でモデル蛯原友里さんに憧れ、
ミスセブンティーンに応募し、落選したそうです。

芸能事務所に入って芸能活動をしていないけれど、
同人活動という意味でのモデル活動は高校1年生から行っていたのですね。

画像元:https://mantan-web.jp/

ミスセブンティーンに掲載された画像を見たところ、
将来の仕事として、すでにモデル活動をしたいと書いています。

モデルとして働く夢がかない、本当に良かったと思っています。
また、何事にも最後まで取り組む姿勢は演技にも見られます。

菜々緒さんの演技における評価も、
練習から本番全てにおいて、全力でぶつかり、
本番前にけがをすることもたびたびあるそうです。

モデルになりたいだけでは足りない。
何事にも全力で取り組み、傷ついても前に進む姿勢が、
モデル以外の仕事(女優)も得たと思っているのです。

 

菜々緒さんの卒業アルバム写真

画像元:https://pinky-media.jp/

菜々緒さんがミスセブンティーンに応募したときの画像もあれば、
卒業したときのアルバム写真画像もあるわけです。

菜々緒さんだけではない。
現在、女優やモデルで大活躍をなさっている方々も、
卒業アルバム時代の画像を見ると……

「人間って変わるものだ」思うのです。

 

レースクイーン時の菜々緒

画像元:http://kyun2-girls.com/

かわいい。ただそれだけです。
現在のような尖った印象も感じられません。

菜々緒さんの卒アル写真はグーグル検索ですぐ出てくるので、
当初見たときも「へえ~」としか思わなかったのですが、

レースクイーンやラウンドガールといった、
モデル活動を本格的に始めたときの画像を見て、大変驚いたのです。

学校時代の面影が消えている!
化粧をしているから当たり前だけど、化粧はここまで人を変えるのだなあ。
この時のすっぴん画像は卒アル時の画像と近いものがあるのでしょうか?

まさか数年後、悪役に定評のある女性といわれても、
「お前、何を言っているんだ?」といわれるでしょうね。

目元の濃さと眉毛の薄さはこのころからやっていたのですね。
特に鼻の部分は陰影差がなく、団子鼻の印象があります。

こちらで菜々緒さんのメイクに関する記事を書いています。
レースクイーンはかわいく見られるために、鼻筋が目立たないようにしている。

僕はこの時の鼻のほうが今より好きですね。

 

女装した金本知憲(阪神監督)?

画像元:https://www.daily.co.jp

菜々緒さんのすっぴん画像が元阪神の金本知憲選手に似ている。

人によっては「女装した金本」書いており、本当にそう?

改めて比べてみましょう。
現時点だと目元の細さと頬骨が似ているかなあ。
それだけで、後はちっとも似ておりません。

じゃあ、若いころの金本さんはどうか?

画像元:http://blog.goo.ne.jp/nji159bgr357/

目元以外、ほとんど似ていない。
本当、失礼な話ですよね、両者にとって。

 

金本知憲監督について

金本さんについて少し書きます。

金本監督は韓国系日本人3世であり、日本人の女性と結婚し、
日本国籍を得て、23歳でプロデビューを果たします。

甲子園に出場せず、東北福祉大学に入り、
全日本大学野球選手権大会に出場したそうです。

広島東洋カープに23歳のころ、指名を受けて入団しました。
プロ野球選手の大半が甲子園に出ていると思っていたのですが、
そうでなくても活躍し、監督になった人がいる

プロ野球に無知な僕にとって、大きな衝撃でした。

金本元選手の東北福祉大学時代の写真がありました。
学生時代の菜々緒さんと比べてみましょう。

画像元:https://pinky-media.jp/

目の細さ以外、どこも似ていないよね。

 

昔の彼女とあったとき

ここは僕の昔話を一つ書きます。
菜々緒さんだけでなく、書いている人間にも興味があったら、
ちょっとばかし、恥ずかしい話を読んでクスッとしてください。

先日、僕も10年以上前の彼女とたまたま会いました。
昔、ちょっと付き合っていたのですが、
菜々緒さんと西川さんのように、けんか別れしたのです。

「あんた、軽さが消えてちょっと怖くなったねえ」

久しぶりに会った彼女に言われ、
少しだけ傷ついたのを覚えています。

僕は変わっているとは思っていなかったのですが、
人が見ると変わっているのでしょうね。

ちなみに僕は彼女を見たとき、
「おばさん」になってしまったなあと思いました。

若い時とおばさんは顔を見ればすぐ気づくのですよ。
(特に笑ったときの頬に現れる)

おばさんだから悪いってことじゃありません。
いろんなことがあったんだなあと、顔を見て何かと察しますからね。

彼女も僕を見て察したのでしょう。

彼女はすでに子供が2人いて、いい家庭を築いてよかった。
心から思いました。

なお、40代後半でありながら、
おばさんといわれずにお姉さんといわれる石田ゆり子さんがいます。

なぜ彼女はおばさんといわれないのか?
反対に妹のひかりさんが、どうしておばさんと呼ばれるのか?

知りたい方はぜひ、読んでみてください。

一方で安達祐実さんはほとんど変わってないんだよなあ(汗