高橋一生の全然イケメンじゃない意外すぎる私生活が想像の斜め上を行っていた

出典: https://www.crank-in.netnews628951

イケメン爽やか俳優として人気の高橋一生さん。

 

2020年4月からスタートのドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」に出演されます。

 

そんな高橋一生さんですが、爽やかさとはかけ離れた驚きの私生活が明らかとなりました!

驚愕の私生活とは!?

 

 

 


高橋一生のペットはクモ?

出典: https://www.mbs.jp/mbs-columnsawakoarchive20190717017792.shtml

 

高橋一生にはとても変わった趣味があります。

クモをペットして飼っており、それを嬉しそうに語っているのです。

 

ただし正確には、彼は飼っているとは言っておらず、正確にはいつのまにか住み着いていたと主張しています。

 

どちらでも構いませんが、彼にとっては大きな違いがあるのでしょう。

 

そのクモを植物の葉に載せると、そこにいるダニを食べてくれるのが嬉しいようです。

 

そもそもクモを手に取ること自体が普通の人ではありえませんが、彼にとっては何もおかしいことはありません。

 

巣を作って暮らしている様子をとても歓迎しています。

 

ダニを食べてもらった植物が元気を取り戻したので、彼の中ではとても好ましい存在となっています。

 

出典:https://www.crank-in.net/interview619721

 

クモの数が増えて4匹になったことを平然と語る高橋一生はやはり変わり者でしょう。

 

マニアックな知識も持ち合わせており、およそ500の種類が存在することを説明しています。

 

新種が発見される可能性があることも、心が躍るような口調で力説していました。

 

もちろん自宅にいるクモの種類も熟知しています。本来は共食いをする関係ですが、何とか共生できていることを好ましく話していたのです。

 

明らかにされませんでしたが、クモたちに名前をつけていることも判明しています。

 

 

 

家具や家電に名前をつけている

高橋一生の変わった生態は他にもたくさん知られています。

そのなかでも特に有名なのは、家具や家電に名前をつけることです。

 

テレビ番組に出演した際のトークで明らかになりましたが、それを聞いた出演者たちはとても驚いた様子でした。

 

彼は以前から欲しいと思っていたソファをやっと購入したのですが、そこからの行動が明らかに普通の人とは異なっています。

 

一般的には届くのを楽しみして待つだけですが、彼はそのソファに「まちだ」という名前をつけたのです。

 

別に町田さんという人に貰ったわけでも、MACHIDAというブランドの品というわけでもありません。

 

このソファはすぐに届くものではなくオーダーメイドで仕上げるため、家に到着して使えるようになるまで数カ月かかってしまいます。

 

長い期間を待つことになったので、そのような名前をつけることになりました。

 

ソファを「まちだ君」と呼ぶ彼の姿はお茶の間に鮮烈なインパクトを残したのです。

 

彼が名前をつけたアイテムはそれだけではありません。

 

掃除機は「すごい吸って何物にもまさる」ということからマサル君。

観葉植物は生い茂る様子からしげる先生。

“先生”の由来は「いろいろ教えてくれるので。命の尊さを」。

 

テーブルは見た目が渋く光沢があるので渋沢さん。

 

彼は名前をつけることによって愛着が湧くと説明しています。

そうすると捨てようと思わなくなるのだとか。

 

このエピソードに、ネット上ではファンから

「簡単には捨てられないだろうから高橋一生の家電になりたい」

「高橋一生の家の物に自分の名前をつけて欲しい」

「萌えキャラすぎ」などの声があがっています。

 

 

稲川淳二を崇拝してる

出典: https://spice.eplus.jp/articles138025

 

高橋一生を語るうえで外せないのが、彼がリスペクトしている人物です。

 

それは芸能人の稲川淳二であり、リスペクトを越えて崇拝しているといっても過言ではありません。

 

稲川淳二は怪談話を独特の口調で披露するのが大きな特徴ですが、彼はそれにずっと魅了されて生きてきました。

 

20代の頃から積極的にライブに行っています。

 

彼はそれだけでは満足できずDVDまでコレクションをしているのです。

 

何がそれほど彼を魅了するのか疑問に感じる人もいるでしょう。

 

少なくとも単純に怪談話が好きというわけではありません。

 

稲川淳二は講談師としての一面も持っていると考えており、それを熱く語ったことがあります。

 

一方で、年老いていく稲川淳二に対して「おじいちゃんに会いに行く感じ」と好きを通り越して里帰りのような感覚でライブに向かっていることを明かしていました。

 

また、彼は稲川淳二の物まねを完全にマスターしています。

 

あの独特の語り口や声色に似せて話す彼を見て、共演者たちは驚きくだけでなく絶賛していました。

 

関連記事

高橋一生から学ぶ!誰でもできるモテ男になるためのたった3つの行動!

高橋一生の母親がヤバ過ぎた!父親3人?三男は大人気ロックバンドのメンバー!

高橋一生の衝撃の習慣!開運効果バツグンで大物芸能人も実践しているある習慣とは!?