おぎの稔議員への殺害予告”その後”の展開に心底震えが止まらない件




画像元:https://www.nikkan.co.jp/

以前、Vチューバ―戸定梨香
千葉県警とのコラボで
交通安全啓発動画を流したところ、

全国フェミニスト議員連盟団体が、
「けしからん」と千葉県警に抗議書を送り、
千葉県警はコラボ動画を消しました。

すると多くの人が「それはおかしい」と怒り、
数人が中心となって公開質問状を送り、
僕を含む6万人以上の人が署名したのです。

続報が入りました。

公開質問状の中心人物に、

青識亜論さんというネット論客者、
戸定梨香の運営会社、
他に太田区議会議員のおぎの稔さんがおります。

おぎの議員あてに脅迫状が届いたとのこと。

署名を中止せよ、しなければ×すぞと。
もちろんおぎの議員は被害届を出しました。

この展開に一人のツイッター主がかみついた
結果、とんでもない方向へと転がるのです。

 


この殺害予告、おかしくないか?

おぎの議員の報告ツイートに対し、
田川さんというツイッター主が違和感を抱いた。

キャリコネニュースによりますと、
おぎの議員が脅迫を受けた時期が10月1日。

実際にいろいろ酷い脅迫を受けたけど、何もなかった。
そこでキャリコネニュース記者がおぎの議員に取材を行った。

画像元:https://twitter.com/kakitama/

おぎの議員が脅迫を受けたのは事実だとしても、
彼があげたライン画像に「〇す」といった強い脅迫言葉はない。

田川さんの違和感に対し、おぎの議員が引用RTという形で、
「いや、直接メールの件名におぎの×すと書いているんだが」反論した。

https://twitter.com/ogino_otaku/status/1444566543719809024

そこから彼とおぎの議員がやりとりしていった。
おぎの議員がいくら説明しても、彼も反論する。

そしておぎの議員がメールの一部を開示してしまった。
第三者にデマを流され続ける恐れがあるからです。

開示した内容には、おぎの議員らあてに対し、
死に至らしむほどの脅迫文を載せていました。

これを見た第三者の愉快犯がとんでもない行為をやらかした。

 

あちこちに他人のメールアドレスを使って脅迫を送る

愉快犯が数か所の団体に脅迫メールを送ったとのこと。

もちろん荻野議員のメールアドレスを勝手に使ったため、
すべておぎの議員にもメールが届きます。

※メールアドレスの仕組みにおいて、
自動返信用にできるアドレス、転送できる方法があるのです。

ここまでわかったとき、僕はかなりぞっとしました。

企業とか政治家によって、メールアドレスを出している人はいます。
お問い合わせとして。

気に食わない人に対し、そのメールアドレスを使って、
手を出したら火がついてしまう団体や会社に対し、
脅迫メールという形で出せるということです。

僕も仕事でメールを使うので、
自体が理解できた時、僕は心からぞっとしました。

言い換えるなら、自分のツイッターがある日乗っ取られて、
乗っ取られた自分のツイートで次々脅迫ツイートを送る状態です。

乗っ取りなんてパスワードさえわかればできるもの。

電話(二段階)認証をしている人なら、電話認証があって防げますけど、
してない人は簡単に入られてしまいます。

※電話番号による二段階認証をしておこう!

今回、メールアドレスさえわかればだれでもできてしまうのです。

おぎの議員は公開されてるメールアドレスに対し、
自分あてにも届くように仕組みを変えていたから気づいた。

たいていのメールアドレスなんて、
自分にもくる仕組みなどやっておりません。

愉快犯の手によって罪人になる可能性があるのです。

https://twitter.com/ogino_otaku/status/1444164121478397958

ちなみに脅迫メールを送ったのが誰なのか、現時点ではわかっておりません

なので犯人に関する追及は、現段階では書きません。

 


おぎの議員の強さに笑った

昨日、おぎの議員がツイッターでトレンド入りをしていました。

気になって僕がツイッターを開いたら、
とたんに出たのがこれで笑ってしまいました。

強いなあ。強くないとやっていけないなあと。

僕もこの件、一票の署名という形で絡んでおり、
「大ごとになっちまったなあ……」
といった内容のツイートをプライベートアカウントに載せた結果

「一連の流れも何も読んでないクズ(僕のこと)がヘイトを書いた。
みんな、こういうやつが友達一人もいない奴の典型だ」

“複数の”第三者から、僕を罵倒する内容の書き込みをいただいたのです。

複数いただいたツイート主の別ツイートを読むと、
「おぎのが完全に悪い」論調であちこちに絡んでおり

「ああ、かまってちゃんか」思いました。

とはいえ、腹が立ったのでブロックしたうえ静かに通報したのです。

下手に絡むと相手を調子づかせるだけであり、
ついカッとなって、罵倒侮蔑をしちゃいますからね。

自分の首を絞める結果だけは避けなければなりません。
黙って複数のツイートを通報し、ブロック。

これが一番いいと思います。
僕にですら複数の罵倒(しかも上から目線で)ツイートが届いた。

こういうのを見ると、改めてぞっとします。
昨日ほどではありませんが、今も寒気をしております。

なお、この一連の出来事を知るならこちらの二つをお読みください。