えなこはなぜ大人気コスプレイヤーかつグラビア覇権をとれたのか?



画像元:https://lineblog.me/enakorin/

漫画雑誌を見ていると、必ず出るモデルがいます。
人気コスプレイヤーえなこさんです。

マガジンやチャンピオン他、
彼女のグラビアを見ない日はないくらいです。

なぜ彼女ばかり選ばれるのか?
気になっていろいろ調べてみました。

すると……

 

えなこの生い立ち

画像元:https://www.oricon.co.jp/news/2245803/full/

始めにえなこさんの生い立ちを見ていきます。
1994年愛知県生まれ

オリコンのインタビューによりますと、
コスプレを始めたきっかけが、涼宮ハルヒの憂鬱だった。

ハルヒにはまり、しかも彼女の友達がコスプレイヤーだった。

友達から「良かったら一緒にコスプレしてみない?」提案があり、
えなこさんは涼宮ハルヒでコスプレデビューを飾ったのです。

始めは恥ずかしかった。周りに仲間と呼べるのは友達一人。
でもイベントに行くと恥も消えていったのです。

コスプレのみならずメイクも試行錯誤の日々だった。
目の下にアイラインを引いたら、クマになってしまった。

お金もなければ知識もない。調べに調べて衣装を注文する日々だったと。

高校2年生で初めてコミックマーケットに参加しました。
(今年も彼女はコミケに出ている)

「ラブプラス」のヒロイン高嶺愛花のコスプレをしたところ、
ネットでおおいに話題となり、彼女は決めた。

「よし、コスプレ道を究めてやる!」

ここからコスプレイヤー限定のアイドルユニットを組み、
一度解散してコスプレ業界からも身を引くのですが、
何とファンからの熱意に押され、再復帰したのです。

※地元のアルバイト先にファンが押しかけて、
「復帰しないんですか?」何度も尋ねてきたとのこと。

復帰後、色々なコスプレに挑み、
週刊少年雑誌で見ない日はないほど活躍しているのです。

なおえなこさんはプロゲーマーの彼氏はいても、現時点で既婚者ではありません

 

コスプレの魅力とプロとアマの違い

オリコンインタビューから、えなこさんはコスプレの魅力について述べています。

他人になり切れる。コスプレイヤーなら誰もが感じる部分でしょう。

ただなり切るだけでなく、背景も元作品に近づけることで、
元の作品が持つ世界に近づけますね。

一方であるキャラのコスプレで体重を8キロも落とした
元のキャラに体型を合わせるために肉体改造を行った。

コスプレは別に元のキャラに合わせすぎなくてもいいのですが、
第三者としては元のキャラ体型に近ければ近いほど、
違和感も抱かずにすんなりと、えなこさんの美しさに惚れます

モデル(アニメキャラなど)とえなこさんの二つを、
僕ら観る人は楽しんでいるのです。

見る人を意識する。元のキャラに合わせる努力をする
二つこそコスプレイヤーにとってのプロ意識だと思います。

もう一つ。えなこさんは「ただコスプレしている人」と
「プロ意識を持ったコスプレイヤー」の違いを上げています。

衣装を見るだけで、市販のコスプレをしているか、
全て自作しているか、市販に手を加えて改良しているか

目の前に服を着て立つだけで、どれだけ思い入れがあるか。
一発でわかるとのこと。

 

えなこが人気である理由

ここから僕以外の第三者による、
えなこさんが人気である理由を載せていきます。

知恵袋に回答がありました。

えなこさんは細い。出るところはきっちり出て、
引っ込むところはきっちり引っ込んでいる。

スタイルが二次元に近い。

ウィッグや衣装がなじんでおり、イメージ崩れがない。
自分に合うキャラを理解しているため、イメージ崩れが起きにくい

続いてモデルプレスの考察によりますと、

二次元に近い顔立ち・骨格を持っている。
ちょうど良いヒロインの胸、へその位置が周りの子より高い、
ウエストのくびれが凄く出ている、漫画体質

そして所属事務所の代表がえなこを人気にさせた戦略を語っていました。

えなこさんはすでに趣味として行っており、
細かいところまで追求する子(圧倒的差別化)だった。

ただ周囲に圧倒的な価値を示していない。

圧倒的価値の例として、
えなこさんが写ることで売り上げが2倍以上伸びる状態を示します。

ヤングジャンプの表紙グラビアなどを通して実績及び価値を伝え、
後から評価が追い付いてきた。

さらにえなこファンのブログによりますと、
えなこさんは自ら企画を立てて、独自イベントやグッズを展開しているとのこと。

※上記動画3分あたり参照。

ファンとの距離を縮めるために、みんなでゲームを行ったり、
アンケートや質問に答えたりと、アイドルとしての側面も出しているのです。

以上、えなこさんが今も人気である秘訣として、

  1. 質のいいアニメ型体型(ここに合わせる肉体改造)
  2. えなこさん所属企業による価値上昇戦略
  3. 本人が次々企画を立てて、ファンを大切にする

一言で言うと「コスプレイヤーでありアイドル」

二つの位置をえなこさんは持っている。これからの活躍も応援しています。