nhk福岡一橋忠之アナウンサーによる放送事故が心から癒される件




画像元:https://twitter.com/nhk_fukuoka

昨日、腹抱えて笑いました。

正確に言うならつられて笑った。
というべきでしょうか。

NHK福岡のニュース番組で、
福岡県の1日警察署長を務めたなかやまきんに君

彼が一発ネタをやったところ、
NHK福岡の一橋忠之アナウンサーがおおいに吹き出し
原稿もまともに読めないという放送事故!

寒い季節になりクリスマスが待ち遠しい中、
新春お笑いを先取りする笑いが起きました。

笑い方がよくて、見てるこちらも癒される。

だからこそ心配なのが左遷です。

※画像左の女性は同じNHK福岡の野口葵衣キャスター

 


一橋忠之アナウンサーの簡単な生い立ち

画像元:http://www6.nhk.or.jp/

始めに一橋忠之アナウンサーの簡単な生い立ちを書きます。
1976年東京都生まれの2021年時点で45歳。

慶応義塾大学を経て99年にNHK入社。
スポーツアナウンサーとして本社で仕事を務めたのち、
今年の4月から福岡県でお仕事をなさっています。

福岡異動について調べたところ、
「一橋アナウンサーは東京から福岡に左遷されたのでは?」

という疑問があった。
テレビガイドによりますと、彼は福岡での仕事を希望していた。

また彼は去年までスポーツだけを担っており、
今年になって福岡ローカルとはいえ、全国区のニュースを扱います。

左遷というよりは昇進というべきでしょう。

 


なかやまきんに君の簡単な生い立ち

画像元:https://thetv.jp/news/detail/1056100/

続いて一橋キャスターを笑わせた芸人、
なかやまきんに君の簡単な生い立ちを見ていきます。

1978年福岡県生まれで、一ツ橋アナウンサーより2歳下の年齢です。
そして誕生日は何と同じ9月17日!

小学校から人体及び健康に関して興味を持ち、
食事に記載された成分表を自分から調べる少年だった。

「かっこいい体になりたい」がきっかけで、高校生から筋トレを始めた。

高校を出た後はNSCに入り卒業した。
コンビを探していたが、なかなか巡り合えなかった。

ある番組のオーディションに出るとき、
先輩からつけてもらった名前「なかやまきんに君」で出た。

僕が初めて彼を見た番組は、確かめちゃイケです。
笑わず嫌い王で彼をはじめて見た気がします。

当時彼は筋肉芸人として生きようと思ってなかったけど、
周りが「きんに君」と彼を呼ぶようになってから、
だんだん自分がどう生きるべきかを悟った。

 


なかやまきんに君の名言

画像元:https://ddnavi.com/interview/865733/a/

きんに君にとって筋肉(トレーニング)は人生の一部であり道です。
だからこそ、次の名言を残しています。

ここでは僕たちにも通じる名言を紹介していきましょう。

「筋トレは人生の教科書」
「筋肉の扉は自らの筋肉で開けろ」
「筋肉を裏切ってはいけない」

引用元:https://ddnavi.com/interview/865733/a/

筋肉の扉は自らの筋肉で開けるを言い換えますと、
自分の人生は自分で開けろ!

もう一つ、筋肉を裏切ってはいけないが奥深い。
「筋肉は裏切らない」だと、自分の都合で筋肉を考えており、傲慢でしかない。

筋肉と自分は相棒のような関係でコミュニケーションをとらなければならない

「裏切ってはいけない」からこそ筋肉に感謝できる

筋肉に対する姿勢は仕事に対する取り組みにもつながり、
令和元年に彼はツイッターをおおいに騒がせたのです。

 


腹筋崩壊太郎ロス再び

令和元年、仮面ライダーゼロワン1話にて、
なかやまきんに君は人型ロボット「腹筋崩壊太郎」を演じました。

名前のインパクトはもちろんですが、
彼がいいキャラをしているのですよ(上記動画より)。

人を笑わせることに誇りを持っているロボットだったが、
敵が強制的に彼のプログラムを変えさせ、怪人とかした。

怪人となってゼロワンと戦った後、彼は壊されたままだった。

1話にして敵への憎しみを募らせつつ、悲劇の結末を迎えてしまい、
「腹筋崩壊太郎ロス」という単語がツイッタートレンドに上がった。

改めて動画を見ると、きんに君の演技が敵になったときも含め、
本当にいいし素晴らしいなあと思うのです。

 

リアル腹筋崩壊太郎の一言

さて昨日、きんに君が福岡県の一日警察署長をやることとなり、一発ネタを披露した。

実際に動画を見ていただくのが一番早い。
一橋アナウンサーの笑いを見ていると、こっちもいい気分になります。

次のニュースがまじめだからこそ、本来は笑ってはいけないのですが、
そっちにも影響を与えて、僕は不安になったのです。

NHKです。いくら一発ネタで笑おうとも、
NHKアナウンサーはすぐさま冷静になり、原稿を読まねばなりません。

今回の件でまじめなニュースすら笑って読んでしまい、
閑職あるいは左遷させられるのでは?

トレンドに上がったとはいえ、始末書ものかな?

上司から叱られる程度で終わってほしいものです。

1日警察署長だったきんに君にはきちんと、
腹筋崩壊太郎の理念、魂がきちんと乗り移ってよかった!

なお、番組終わりはみんなで一橋アナウンサーをフォローしていた。
いい職場だ(笑)