最近のマツコデラックス痩せた?アゴが前よりくっきりしてる件




画像元:https://twitter.com/karisome_EX

北京五輪終わりましたね。

カーリング、まさか銀メダルにびっくり。
選手たち、あの環境で本当にお疲れ様です。

話は変わり、昨日、家族と一緒に近所の飲食店で、
プチ宴会を開いておりました。

子供のころからお世話になっているお店で、
店内はがらーんとしており、
テレビの音もよく見える聞こえる状態だった。

店側はTBSをつけており、
「さんまとマツコ」を放送していた。

メニューがまだ来ないので、
あれこれ待っていたところ、母が一言つぶやいた。

「マツコ、痩せたんじゃない?
アゴのラインが前よりくっきり見えるもの」

母の言葉が気になって、色々調べてみました。
痩せるために何をしたのか?

あるいは母の目は錯覚(痩せる努力をしていない)かと。

 


マツコ・デラックスの簡単な生い立ち

画像元:https://cu.tbs.co.jp/

始めにマツコ・デラックスさんの簡単な生い立ちを見ていきます。

1972年千葉県生まれ

美容専門学校を出た後、美容系の仕事に就いたものの、
仕事と生き方に対する違和感を抱いていた。

同性愛者向けの雑誌編集長へと転職し、28歳で退職

小説家の中村うさぎさんがマツコさん編集の記事を読み、
対談のゲストとして呼ばれることとなった。

そこから「マツコ・デラックス」という名前が付き、
一気に芸能人へと昇華していったのです。

マツコさんを有名にした番組がMXで放送中の「5時に夢中」です。

この番組は一部では有名な人たちがコメンテーターとして活躍し、
色々な見識をもらえます。

 

不登校時代があったマツコ

https://twitter.com/Akikun1124/status/1494261768474234882

気になるエピソードがあったので、もう少し詳しく見ていきましょう。

2015年放送のホンマでっかTVによりますと、
マツコさんは短い期間、不登校児だったと告白しています。

いじめが理由でなく、
周りの同級生と学校の環境に合わせるのが嫌になったとのこと。

「別に一人でもいいか、周りに合わせる必要もない」

「先生へ会いに行くため、学校に行くんだ」

気持ちを変えて、学校へ再び通うようになりました。

マツコさんは述べています。

「子供時代に失敗しても、大人になれば必ずチャンスが巡ってくる。
新しい世界に巡り合う機会が必ず訪れる
(だから絶望して死んではいけない、腐ってもいけない)」

 

引きこもりマツコ

不登校だけでなく、一時期引きこもっていた時期もあったとのこと。
編集者の職を離れてから、実家に帰り、引きこもる生活を送りました。

Newsポストセブンによりますと、
マツコさんは引きこもっていながらも、ある活動を行っていた。

自分より不幸な人を見つけて救われたい。
同級生に連絡を取って根掘り葉掘り聞いた。

年収をはじめとする人生ステータスを得て、
およそ60人ほどのサンプル数を得た。

引きこもり時代、歩くのもままならないし、
コッコさんの唄(上記動画)を聴いてばかりの生活を送っていました。

この時が一番、マツコさんにとって空白の時代で、
生きるか死ぬかの状態を過ごしていたとのこと。

また太りすぎてしまい、和式トイレで用を足せない日もあったのです。

中村うさぎさんがマツコさんを見つけなければ、今頃……

 

あまりインタビューを好まないマツコ

画像元:https://youtu.be/Y5lWc1uOaag

2016年SWITCHという雑誌にて、
編集長がマツコさんに対して感想を述べていました。

マツコさんはインタビューを好まない方であり、
いかなる形で彼を説得し、インタビューへ応じさせたのか。

編集長は手紙を書いた。素直な気持ちを述べた。

マツコさんは当然断ったが、切実な方であり、
わざわざ編集長とじかにお会いして断った。

しかし色々話をしていくうちに意気投合、
色々なテーマで話が弾み、再び交渉をかけた。

何度か交渉をしていくうちに、インタビューしてもらえるようになった。

マツコさんは雑誌編集者出身です。
だからこそ彼らの思惑を大まかに読み取れる

最初に断るのも雑誌編集者に対する本気度を試すテストであり、
実際にお会い(面接)を通し、マツコさんが判断したからでしょう。

 

マツコはいつ頃からやせた?

ここから体型の話に入ります。

体型は単においしいものを好むからという理由よりは、
むしろ精神面の影響が大きいと思っているのです。

2000年時点(今から20年前、当時28歳)で140キロ

現在はさらに増えているんじゃないか?
という指摘をしている人もおります。

一方僕の母は「アゴのラインがくっきり見えるようになった。
マツコ痩せているんだね」と分析しているのです。

調べたところ、なんと2020年のバラエティ番組にて、
「ジムに行ってダイエットをする」と宣言していたのです。

ジム通いを始めた別の理由に、
やがて自分が老年にさしかかり、介護生活を送る

そこで自分の体重がネックになったら、
介護士らに申し訳ないと述べているのです。

画像元:https://cu.tbs.co.jp/

こちらが昨日放送のマツコさんの顔です。
確かにあごラインがくっきり見えている

ジム通いの効果は出ているのでしょう。
どこまで痩せるかわかりません。

堕落に負けず、頑張ってください。