タモリステーション緊急生放送でのタモリが俺たちの森田一義だった!!




画像元:https://twitter.com/piepiepin

昨日、テレ朝出緊急特番がありました。
テレ朝夜8時といえばミューシックステーション……

だったのですが、
何と昨日は報道ステーションとのコラボ、
タモリステーションとして報じていたのです。

タモリさんに絶賛の声が続々入り、

「やっぱ俺たちのタモリだ」

思ってしまったのです。

 


タモリの簡単な生い立ち

始めにタモリさんこと森田一義さんの簡単な生い立ちから入ります。
1945年福岡県生まれ。

幼い頃から頭がよく冴えており、いい意味で計算できる子だったが、
悪い意味で達観しすぎて子供らしくなかった。

1年の浪人を経て早稲田に入ったものの、学費未納などから退学、
福岡に帰りサラリーマン生活を送り、2歳年上の女性と結婚し、
月一回上京して芸人として過ごす日々でした。

「タモリが面白い」と聞きつけた漫画家の赤塚不二夫さんが、
彼の芸を見て感動し、かわいがってもらったのです。

なんと赤塚不二夫さんの家で過ごすこととなり、
色々な芸人仲間・ライバルと出会い、1976年にようやくテレビデビュー。

主に夜の顔として有名なタモリさんだったが、
「笑っていいとも」で昼の顔へと変わったのです。

現在はブラタモリ、そして流浪の番組タモリ倶楽部など、
また夜の顔へと戻りつつあります。

画像元:https://youtu.be/XdcgnbQRiEI

僕がタモリさんを初めて知ったきっかけは笑っていいともです。

僕が中学生になって夜も起きられるようになった時、
たまたま父親がタモリ倶楽部をつけていて、衝撃を受けました。

「昼と夜の顔がこんなに違うなんて」

後、最も見ていた番組がジャングルテレビですね。
ジャングルテレビのお料理コーナーが一番面白かった。

 


タモリステーションでタモリが絶賛、そのわけ

さて昨日放送した緊急特番タモリステーション。

スポーツ報知によりますと、
「ほとんど発言していない」驚いています。

報道ステーション大越健介アナウンサーがウクライナにいるとのこと。
タモリさんは彼に「気を付けて」と気遣いを述べました。

ほとんどタモリさんはコメントを出さず、
番組の最後に「平和な日々が戻ることを……」おっしゃった。

僕の感想から。正直嫌でした。
タモリさんはバラエティでしか見ていない人です。

まじめなコメントを求められる報道番組に出て、
仮にタモリさんが頓珍漢な発言をした結果、
タモリさんに失望していたでしょう

「テレビ朝日、タモリさんの評判を落とすつもりか」

放送前は思っていたんですよね。

いざ放送が始まったら、やはり「俺たちのタモリ」だった。

視聴者(というより僕)が抱えるタモリさんのイメージ、
タモリさんのブランドを崩すことなく貫いていた。

ツイッターはもちろんヤフーコメントなどを拾っていきますと、

「タモリさんは聞く姿勢がいい。

政治系は自分の感想や思ったことよりも、
事実と流れをくみ取ったうえで述べることが大切。
でないと薄っぺらい知識のみひけらかし、失望しかねない。

タモリさんは専門家の話に割って入らず、
自分の意見をべらべらしゃべらず、ただ黙って聞いている

そして最後に淡々と語る。この姿勢がいい」

 


視聴者に寄り添うタモリ

週刊女性プライムによりますと、
タモリさんの凄さは視聴者に寄り添うところ。

タモリさんは共演者から「深い×分かりやすい話」をよく引き出し、
かつタモリさんはいろんな分野を知ろうとしている。

視聴者に寄り添うためには

  • 絶えず勉強し、マニアックな分野にも興味を抱くこと
  • 共演者から根掘り葉掘り聞くこと(そのために勉強が必要)
  • 相手の話に感動や共感を行うこと

今回新たに加わった条件として

  • きちんとした情報もないのに、自分の意見をべらべら述べないこと

僕には無理だ(笑)

 


タモリはなぜ今も芸能界を生き残れるのか?

「なぜタモリは今も芸能界の第一線で活躍できるのか?」
問いかけているサイトがありました。

興味深かった答えがあったのです。

  • 上に媚びない
  • 時代に抗わない
  • 予定調和を嫌う
  • 人の和を大切にする
  • 暴れているようで実は冷静
  • 他人や共演者に期待していない

週刊現代の記事にてタレントの勝俣州和さんがおっしゃっていました。

知識をひけらかす料理人はダメ。お客様に緊張を与える料理人も二流。

今回、タモリさんの哲学がタモリステーションに現れた。
ああいう番組だからこそ「生き様」が出るのですね。