モーリーロバートソンの母が”ある業界の歴史”を変えた人物として心から震えているんだが

画像元:https://twitter.com/kantele_runner

毎週木曜日の朝番組、
スッキリにコメンテーターとして、
モーリーロバートソンさんが出ています。

モーリーさんは米国生まれで
小学校から父の仕事で日本に住みました。

広島に住んでいるうちだんだん日本になじみ、
インターナショナルスクールから
日本の小学校へ変えるほどの、好奇心あふれる少年時代

モテモテで高校を辞めさせられるほどの青年時代。

パンクバンドをやりながら東大に入った後、
色々あって燃え尽き症候群になり、
東大を中退しハーバード大学に入り、
スリルある地獄の日々を過ごした学生時代。

大学で学んだ様々な事柄を活かし、
ラジオDJの仕事をはじめ、
あるタレントの経歴詐称がもとに、
補完として大ブレイク、今に至ります。

さてモーリーさんを作った人として、
両親そして奥さまの存在
が欠かせません。

奥さまとお母さんを調べたところ……
お母さん、まじか。

 

モーリーロバートソンの母親がある歴史を変えた人物だった

画像元:https://www.amazon.co.jp/

モーリーさんの母親はロバートソン黎子(れいこ)といいます。

高校時代にインドへ留学した時、旦那さんのトマスさんと出会います。
この時点では結婚どころか、付き合う話すらありません。

1932年富山県生まれで東京外国語大学英語学科を1年で中退した後、
早稲田大学政経学部を出たのち、毎日新聞社へ入ります。

毎日新聞社に入った自体が奇跡だったのです。
といいますのも当時は戦後すぐであり、今とは状況が違います。

当時の毎日新聞は女子社員の応募がなく門前払いさせられるところだった。
黎子さんは「試験だけで儲けさせてくれないか」

必死に頼んだところ、なんと主席で合格し特例として認められました

毎日新聞の雇用情勢を大きく変えた人物と言えます。

ちなみに岩波書店とNHKの採用試験にも合格しているとのこと。
仙台に勤務したのち転勤で米国へ渡ります。

そこでトマスさんと再び出会い、1961年に結婚したのです。
結婚を機に米国籍となりました。

数年前までは日本の雑誌にも掲載しており、現在は米国でひっそり暮らしております。

お母さんの経歴を見ますと、まんま息子に受け継がれていますね。
モーリーさんの若い頃はこちら。

お父さんは心臓外科の専門医で、すでに亡くなっております。
現在、モーリーさんはこちらのパートナーがいるのです。

 

モーリーロバートソンの嫁と馴れ初めを調べた結果

画像元:http://officemorley.com/archives/5235

モーリーさんは婚姻届けを出していません(事実婚)が、大切なパートナーがおります。

女優(主にミュージカルで活躍)の池田有希子さんです。1970年東京都生まれ。

玉川学園高等部に入ったのち、何とアメリカに留学をしております。
すでに米国では舞台役者としてデビューを飾っておりました。

日本でなく米国まで行って勉強をする。
彼女もまた日本だけでは飽き足らず、ミュージカルの本場に足を運びたかった。

留学先で演劇について深く学んだ後、日本の学習院大学哲学科を卒業したのです。

1990年に日本の舞台に出演、95年にはドラマにも出ています。

モーリーさんと出会う前に一度結婚して離婚していました。

お相手一般人の男性でかなりの資産家とのこと。
原因はわからないけど8年で一度目の夫婦生活を終えます。

現在のパートナー、モーリーさんとは舞台で出会いました。

池田さんは女優として、モーリーさんは取材記者として、
池田さんのある演技に大変衝撃と感動を覚えたとのこと。

質の高い演技が彼の心にショックを与えたのです。

モーリーさんはポッドキャスト(音声配信)にて池田さんのすごさを語り、
舞台にたくさんの観客が入りました。

そこからお互いにひかれあい、婚姻届けは出していないが同居して一緒に暮らしております。

ツイッターでは夫との生活についても面白く語っており、
夫の仕事情報を積極的に配信し、いい関係だなあと思うのです。

 

モーリーと母と妻の面白い共通点

画像元:https://twitter.com/iYukiko

池田さんは日本でなく米国に留学してでも学ぶ姿勢を見ると、質を追い求める勉強家ですね。

モーリーさんのお母さんは一つの大学に決まっていたのに、
何かがあって自主退学を選び早稲田に入りなおしています。

勉強と研究重視でなければ、在学中に別の大学を選ばないと思うのです。
勉強に対する姿勢が母、妻、そしてモーリーさんとつながっているなと。

男がパートナーを選ぶ条件の一つに、
精神的な意味で母親とつながりがあるとみています。

もちろん女性が男性を選ぶときも、
精神的な意味で父親とつながりのある部分を見ている。

父親と母親は子供にとってそれぞれ異性でありつつ、自分にはないものをつかんでいる存在です。

池田さんのツイッターを見る限り、旦那を公私共に支えてるなってわかります。

モーリーさんは妻の表立ってでも支える姿勢に惹かれたんだなと僕は考えているのです。

さて男女関係といえばこんな情報もありました。

 

モーリーロバートソンのカミングアウト真相にびっくり

画像元:http://blog.livedoor.jp/ponta184/

最初、モーリーさんを調べたとき「カミングアウト」がありました。
同性愛者を告白したのかと思ったら……

当時水泳でメダルをとっていたイアンソープ選手(上記画像)が、
「自分は同性愛者だ」と告白した際、モーリーさんが「尊重する」とコメントを出しました

すると第三者は気づきます。
「あ、モーリー、あなたも同性愛者だったのか」

本人は何も語っていないのに、周りが勘違いを起こした。
男も女もいける人なのかと思いましたよ。

別にいけたからといって気になることはありませんが。



ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪