おかずクラブゆいpが半年で激痩せできた以外すぎる理由とは

画像元:https://www.instagram.com/okazu_club/

来週木曜日のダウンタウンDX、
体自慢芸能人SPにお笑い芸人の
おかずクラブが出ます。

おかずクラブはオカリナさんとゆいPさん
からなる女性芸人コンビであり、
番組説明欄にびっくりした一言が。

”マイナス36kg”

色々調べていくと、
何と今年2月から現在も継続中で、
今のところリバウンドはない
とのこと。

何があったのか。
色々気になり調べてみました。

 

おかずクラブゆいPのやせ方

画像元:https://youtu.be/HY6t5gK_Fsk

初めに気になったのが痩せ方。

今年2月はまだ121キロありましたが、
ダイエットを始めた結果、8月には90キロまで落ちた
のです。

ゆいPさんは朝と昼は自作の野菜スープを飲んでいました
ブロッコリーや玉ねぎ、にんじんなどを刻み、じっくりコトコト味をつけて煮るだけ。

肉類はサラダで用いるチキンを使いました。
ぱさぱさして肉体改造を行う人が好んで食べますね。

さらにお刺身や豆腐など野菜だけでは足りない成分をとり、炭水化物をほとんどとらない。

ただし月に一度は何でもかんでも食べる日を設けて、ストレス解消策を行っておりました。

もちろん、相方のオカリナさんもゆいPさんに合わせて、
自作野菜スープを飲み、7日で4キロ体重を落とした
とのこと。

なおゆいPさんは週一でジムに通っており、食生活の指導を受けて痩せたのです。

基本、プロに相談して食生活を変えたのです。
一人でやるとリバウンド率と健康に悪影響が出る恐れもあります。

もしあなたもやるときは一人でやらず、
プロのアドバイスを受けて肉体改造(ダイエット)に励んでください。

ダイエットを継続できた切羽詰まった理由とは

画像元:https://www.instagram.com/okazu_club/

かつておかずクラブの二人はダイエットに挑み、
一度は成功するものの、リバウンドを起こしてしまいました。

今回、なぜ継続していられるのか?

レタスクラブのインタビューによりますと、
体重120キロ超えたあたりから、色々不便を感じたとのこと。

日々の体調がよくない、トイレに行くのも大変、歩くだけでもおっくうになると。

どれだけ生死にかかわる理由があっても、
一部の人は堕落してさぼり癖をつける傾向があります。

さぼらないで行うには楽しみが必要です。

ゆいPさんはダイエットを楽しむためのコツとして、
期間を定めていろいろチェックを行い、インスタなどに乗せていきました

例えば体重減り具合を記録していく。
さらにダイエットやり始めたときの自分の体型と、1か月の自分の体型や顔の変化を写真にとる。

写真をとったら比べる。これが一番ダイエットのご褒美だと思っています。

画像元:https://www.instagram.com/okazu_club/

もちろん一か月行っても顔が全く変わっていなかったら、
「ダイエットは効果なかったんだろうか……」

落ち込んでしまいますけど、
1か月程度であきらめるのでなく、日々続けていくことが大事

3か月もたてば確実に変化は現れるのです。
3か月はどの分野にも言えます。

ダイエットに欠かせなかったまさかの”自粛”

画像元:https://youtu.be/fi24qWOZWhw

もう一つ、レタスクラブのインタビューで面白い発言をしています。
今年は新型コロナウイルスにより、自粛生活を余儀なくされました

特に営業を主体とする芸人にとって、
自粛生活はいろいろ考えさせられる機会だったと思うのです。

仕事が減るばかりではない。
減ったからこそ、これからの時代にどう対応していけばいいか。
どんな技術、新しい挑戦へ挑んでいくか。

今起きている出来事をどう生かせば、自分をさらに飛躍できるのか?

ゆいPさんは自粛期間を利用してダイエットに励んだ

ちょうど体に違和感を覚えていたのもありますが、
外出しにくい環境だったため、たっぷり己と向き合う時間があった。

インタビューではオンラインゲームにはまり、
ご飯を食べる時間が忘れるほど、はまったと
のこと。

これもダイエットを成功させる一つの要因だったと述べています。

僕も仕事で食事を抜いたことはありますし、
1日2食、時に1色の生活を行ってBMI指数は普通ですからね。

昔は貧乏で1日水だけで過ごしたこともあった……懐かしい。

 

激やせ最大のメリット「劣等感への考え方」

画像元:https://youtu.be/fi24qWOZWhw

レタスクラブのインタビューでゆいPさんがダイエットを行った結果、
生きることが快適になったと述べています。

他に周りから褒められるようになった
そして朝起きたとき、痩せている自分がうれしくて、太っていた時にあった気持ち、

「ああ、今日も太ってるなあ」

自分に対する劣等感が消えていったとのこと。

ダイエットを行うメリットはほかにもあるでしょうが。
ゆいPさんが指摘した自分への喜びが一番大きいと考えています。

朝起きて
「ああ、私のおなかが今日もたぷたぷしてらあ」

げんなりするよりも

「よし、きょうもぷるぷるしていい感じだ」

今の自分に喜び感謝できる瞬間こそ、
ダイエットを行う一番最大のメリットだと強く考えているのです。

画像元:https://www.instagram.com/okazu_club/

人生を生きにくくするが劣等感への嫌気なら、
自分を生きやすくしているのは嫌な気持ちの薄れです。

たとえ周りがみて「こいつ損してるなあ、ばっかだなあ」と思っても、
やってる本人が超楽しい、誰からも強制されることなくやりたいこと

それこそが何かを行うための条件であり、
モチベーションを保つ一番の秘訣だと僕は捉えているのです。

ゆいPさんのダイエット、
僕も別件で体を鍛えているので、とても励みになりました。

なおゆいPさんのダイエットには相方の存在も欠かせません。
相方との愛溢れるエピソードはこちら。

 

関連記事:おかずクラブの仲良し話を4つ集めた結果1つ目のエピソードが以外すぎ!

関連記事:おかずクラブゆいpの出身大学で行う授業の一つが衝撃すぎる

関連記事:おかずクラブオカリナの小動物的性格がよくわかる2つの話



ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪