石田ゆり子の演技力はここが天地を揺るがすほどすごい

画像元:http://post.tv-asahi.co.jp/

2018年になってからも、石田ゆり子さんはドラマに出演していました。
2月時点だと「bg身辺警護人(木村拓哉主演)」です。

江口洋介ら演じるSPにはとても冷たい一方で、民間警備の島崎(キムタク)らには優しい

冷たさと温かさの落差にグッとくる厚生労働大臣、立原愛子を演じています。

石田さんが演じるにあたって、どこを意識しているのか?

石田さんの演技力って基本、高いとみなされています。
どういうところが高く見られているのか?

 

石田ゆり子が演技で気を付けていることは?

石田ゆり子さんは演技するうえで、何に気をつかっているのだろう?
とても気になるので、色々調べていましたが、
あまり石田ゆり子さんが演技について熱く語る部分はなし。

困ったなあ……思ったら、ひとつ面白い情報がありました。
星野源さんと石田さんが対談しているサイトを見つけたのです。
対談時期は2017年。

石田さんが若いとき、芸能界に入る際から女優業をやりたいと。
俳優の真田広之さんに恋をして、結婚も考えていると。

ある映画で演技についてボロボロに批判され、初めから学び直した。

今でも真田広之さんに対する恋心を忘れず
かつて真田さんがやっていたアクション映画に出たい。
自分もアクションができる女優になりたいと述べています。

演技で気を付けることとは関係ないように思えますが、
何かに対する恋心、憧れが演技に影響を与えると考えるのです。

人間、ワクワクする目標を立てれば、自然と向かっていくようになりますからねえ。

参照元:https://www.excite.co.jp/News/reviewbook/

 

マイナス思考を利用

画像元:http://tower.jp/article/

星野源さんが対談で、石田さんに述べています。

「石田ゆり子さん、マイナス思考を持っている」

マイナス思考の特徴として、自分はだめだと追い込みます。

他にも周りを気にしすぎたり、目標が高すぎたり、
他人と必ず比較して、自分の価値を下げたりと、
劣等感を抱く環境を自分で作ってしまうのです。

僕もどちらかといえばマイナス思考の持ち主です。

石田さんは自分が劣等感を抱いているからといって、
劣等感を持っていない人をののしっていません

(影ではやっているかもしれませんが、表ではやっていない)

劣等感→嫉妬→他人へ誹謗中傷 でなく
劣等感→時に嫉妬→自己表現 と、気持ちを変えています。

劣等感という病気は自分そのものを認めないだけの逃亡です。
だからこそ、劣等感な自分をすべて認めると、強烈な自己表現かつ財産に気づくのです。

 

石田ゆり子なのに石田ゆり子でないのが演技の凄さ

画像元:https://www.amazon.co.jp/

石田さんの演技について、あまり酷評を受けていないのも、
劣等感を持っているからこそ、誰よりも芯をつかみ、
少しでも「石田ゆり子とみられない」ための訓練を積んでいる。

※ キムタクもここは同じだと思う。

演技のノウハウやテクニック、コツというやり方より、
性格やコンプレックス克服から生じるあり方だと思っています。

石田さんが演じる役の中に、劣等感の克服を感じ取っているからこそ、
石田さんが持つ魅力が出ていると、僕は思うのです。

マイナス思考に全てを飲まれると、演技もがさつになるでしょう。
マイナス思考を利用する限り、演技はますます磨かれると思います。

 

 

第三者が述べる石田ゆり子の評価

画像元:http://post.tv-asahi.co.jp/

初めに石田さんの演技に対する、第三者の評価から見ていきましょう。
知恵袋を調べると、ある意味きつい評価がありました。

「石田ゆり子の顔は好きじゃないし、美人だとも思わない。
ドラマを見ていると、何とも言えない控えめな色気やかわいらしさ、
芯の美しさのようなものを感じる

「美人=下手のイメージがある。でもドラマの雰囲気に合わせて、
時にはオーバーリアクションを取り、時には控えるなど、
見ていて『石田ゆり子』を感じない

「夫婦でドラマを見ていた。石田ゆり子は頭が悪そうだし、貧相でブスなのに、
うちの夫は『やっぱ石田ゆり子、ええわあ』といって、わけがわからない」

楚々とした立ち振る舞いや親しみやすい穏やかな笑顔がとても魅力的」

美人とは思えない意見が多いのだけど、演技は認めている人が結構います。
もちろん、アンチもいて「大根役者だ!」述べる人もいる。

あなたはどうでしょう?

 

演技のうまい/下手って何だろう?

演技のうまい人、下手な人の違いって何でしょう?

演技といっても色々ありますね。
せりふ回しをはじめ、感情表現の出し方、周りの空気に合わせる……

僕にとってうまい/下手の境目として

役者の名前より役柄の名前で言う

例:身辺警護人の場合、キムタクは島崎章というおっさんを演じています。

「キムタクが石田ゆり子を守っているんだ!」と、
大半の視聴者が思った場合、キムタクも石田ゆり子も演技が下手です。

「島崎が立原大臣を守っている!」と、
役名で視聴者が捉えると、二人とも演技がうまいと思います。

身辺警護人に「木村拓哉」や「石田ゆり子」は出てきません。

島崎も大臣も「モデル」がキムタクや石田ゆり子なだけであって、
「キムタク・石田」と役者の名前が出る時点で、モデルつくりとして失敗しているのです。

他にも感情がこもっていない、せりふ回しが下手だの、
人によってはいろいろと感じるでしょう。

関連記事として、ポプテピピックに関する声優演技について語っています。
他にも木村拓哉さんの演技に関しても語っています。

演技のうまい/下手に関して合わせてお読みください。

どんなにベテランだろうが、役の名前でなく「役者の名前」が出る時点で、
面白いんだけど、あまりうまいとも言えない
と、僕は思うのです。

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪