ビーファースト(BE:FIRST)リョウキの高校,大学は?英語も韓国語も話せる

BEFIRSTのリュウキ


引用https://tanakaafiri.tokyo

SKY-HIのボーイズグループ発掘オーディション企画「THE FIRST(ザファースト)」で、「BE:FIRST」のメンバーに選ばれた三山凌輝(リョウキ)は、英語や韓国語を流暢に話せると話題になっています。

 

三山凌輝は、舞台などで2.5次元俳優として活躍していますが、ダンスや歌がうまいだけでなく英語や韓国語にも精通しているといいます。

 

なぜ、そんなに英語などが堪能なのか三山凌輝について調べていきたいと思います。

 

BE:FIRSTリョウキ(三山凌輝)のプロフィール、本名、身長など

 

りゅうき

出典:https://rubese.net/twisoq001/index_trend.php?id=192316

プロフィール

本名:三山凌輝

生年月日:1999年4月26日

出身地:愛知県

血液型:B型

身長:177cm

趣味:カラオケ/音楽鑑賞/温泉めぐり

特技:歌/ダンス/ラップ/英会話

所属事務所:フラッシュアップ

ボーイズグループ発掘オーディションTHE FIRSTに参加する前から、

映画・縁側ラヴァーズやドラマ・ダメな私に恋してください2.5次元ダンスライブ・ツキウタ。などに出演しています。

 

BE:FIRSTリョウキの出身高校や大学は?

 

 

出身高校は松戸国際高等学校が有力か

「吉田翔馬さんが学校の先輩だった」とTwitterで呟いています。

ただ高校か大学の先輩かはわかりませんが、高校の先輩だとしたら、

吉田翔馬さんが松戸国際高の出身であるということが、

吉田翔馬さんが通っている美容室の店長のTwitterからわかっているので、

三山凌輝が通っていた高校は、千葉県松戸市の松戸国際高等学校と予想されます。

松戸国際高は、語学に力を入れていることで有名な学校といいます。

また、高校の帰り道に散歩中の志村けんさんとよくあっていたという投稿もあります。

三山凌輝は自転車で高校に通っていたようで、志村けんさんと交流があったといいます。

 

志村けんさんの自宅は三鷹なので、三鷹付近の高校かも知れません。

三山凌輝は、2018年4月に大学に入学しています。

大学ではダンススクールで活動したり、テストやレポートに追われているというツイートがありますが、通っている大学がどこかまではわかりません。

 

ただ、吉田翔馬さんが大学の先輩だとしたら、法政大学に通っていることになります。

高校も大学もはっきりと決め手になる情報がないので、憶測に過ぎませんが、

これからますます注目されてくると思うので情報がどんどん挙がってくると思います。

 

BE:FIRSTリョウキは英語と韓国語が話せる理由!

三山凌輝は、以前からライブや舞台の終わりの挨拶を流暢な英語で話してファンを魅了しています。

ファンの間で三山凌輝の英語のうまさは有名です。

 

BE:FIRSTリョウキが英語を話せるのは帰国子女だから

リョウキさんが英語を話せる理由は

帰国子女だということがわかっています。

  • 3歳〜8歳までインターナショナルスクール
  • オーストラリアとアメリカに1年ずつ留学

という経験がありました。

 

3歳から8歳までインターナショナルスクールに通っていたようで、幼い頃から多国籍のクラスメイトに囲まれて育ったことから英語が堪能になったと思われます。

特に、小学校低学年までに覚えた英語は発音がネイティブ並みになるとよく聞くので、小さい頃から英語に親しんできているので違和感なく話ができるのでしょう。

また、はっきりとした時期はわかりませんが、オーストラリアとアメリカに1年ずつ留学していた経験もあるようなので、日常レベルの英会話はおてのものなのでしょう。

また、英語を忘れないように常に勉強していたといいます。努力を忘れないところも彼の魅力の1つといえますね。

 

韓国語は独学でマスター

三山凌輝は、英語と同じように韓国語も流暢に話せるといいます。韓国語はコロナの粛期間中に独学でマスターしたようです。独学で韓国語を覚えるなんて意志が強い現れですね。

韓国語を覚えようと思ったきっかけは、元々好きだった韓国の音楽のメロディのかっこよさだけに惹かれたのではなく、歌詞に興味を持った事だといいます。

いろんな曲を英語・韓国語・日本語でカバーしてしまうほどで、YouTubeチャンネルでは 3カ国語で自己紹介された文面が掲載されています。

この楽曲は3か国語で歌っている曲です

 

 

「自分は死ぬまでに5ヵ国語をマスターしたいと思っているんです。

英語を話せたことで自信が持てたし、話せる言語が増えるほど、人とのつながりが増える大事な武器になると思ったんです。元々韓国の音楽は大好きだったんですが、メロディだけでカッコいいと言っているのも何か違うと思って、歌詞に興味を持ったのがきっかけです。

そこから日常会話を掴むために韓国ドラマを観始めたらハマっちゃって

見ているうちに韓国の伝統や文化を知ることができて、より韓国語を勉強したくなりました。今後は中国語、フランス語、イタリア語、さらにスペイン語まで…行けるところまで行きたいですね」

引用:deview.co.jp

 

英語、韓国語をマスターしている三山凌輝ですが、死ぬまでに5ヵ国語をマスターしたいと行っています。これから、中国語・フランス語・イタリア語に加えてスペイン語も話せるようになりたいと話していました。

 

まとめ

まだまだ三山凌輝の魅力を伝える事はできていませんが、BE:FIRSTのメンバーに選ばれたことによって、ますます注目されるようになるでしょう。

これからも三山凌輝の秘めた魅力を探していきたいと思います。