井上咲楽の父親の職業を調べて驚嘆した非常にワイルドな生き方

画像元:https://www.instagram.com/bling2sakura/

来週月曜日「人生が変わる1分間の深イイ話」に、
タレントの井上咲楽(さくら)さんが出演します。

現在19歳(1999年10月生まれ)とのことで、とても若いしかわいい。

それでいてMrビーンの物まねを披露するなどギャップがありすぎる。

そこで彼女に興味を抱き調べたところ、父親に関するエピソードがあったのです。

仕事は何か、どうしてこんな決断を下したのかとびっくり!

 

井上咲楽の父の職業と驚く生き方

画像元:https://deview.co.jp/

わかっておりません。話はここで終わり……ではありません。

井上さんは栃木県に生まれました。

もともとたくさんの木々に囲まれた山奥を……
井上さんのお父さんが山を開拓し、住む場所を作り上げたのです。

山のてっぺんを切り開き、ロッジ風の家を作り、
時折猪が出て、近所の少年らと一緒にカブトムシをとっていたとのこと。

父親は暇さえあれば川で洗濯でなく釣りをし、
魚をだれよりも食べ、ほかの話も交え、豪快な人だなあと感じました

井上咲楽さん、現在は芸能人としてお仕事をするため、
栃木の山奥から東京都大田区近辺に引っ越したのです。

 

山の開拓って誰でもできるの?

画像元:https://www.irasutoya.com/

山を開拓するってどうやったらできるのでしょう?
僕は山を開拓するなんて考え刷らないから、開拓だけでもすごい!

実際に開拓した人たちのブログを読みますと、
まずは山の所有権が必要であり、不動産へ相談しに行きます。

購入は場所と面積によります。
5000坪(およそ16000平方メートル)購入した人は164万円を払いました。

購入した後、購入先の自治会へあいさつし、購入してから5か月後に住む予定だとか。

もちろん山を開拓し住めるようになるよう、電気や水道など整備が必要です。

その方の写真を見る限り、大変そうだなあとしか思わなかった。

画像元:https://www.irasutoya.com/

基本、お金と絶対に住むぞという意思があれば、誰でもできます

山を開拓して、のんびりとした空気を味わいたいと、
考えている大学生やエリートビジネスマンも見かけました。

男性ばかりでなく子持ちの女性(本業はデザイン会社の代表)も、
自然に溶け込むのが大好きだから購入を決めたのです。

女社長は一人でチェンソーを持ち、ガンガン木々を切り倒し、
余計な草木を引っこ抜いております。

山を開拓する人々、すごいですねえ。

関連する事柄としてこちらの芸能人が番組の企画を利用して、
家を作り替えたこちらの話を思い浮かべました。

やっていることはこれと同じですよね。

※家族旅行での一枚

なお日本全国において山の私有林は6割弱とのことで、
子や孫へ土地の権利を受け継がせる場合、
土地の処分(維持だけでもお金がかかる)に困る人もいます。

山林の相場は不安定です。

山を開拓したいのなら山林に関係した仕事を選ぶか、
そっち方面のプロを雇うか、コネを作ったほうがいいと、
内情を知ってから手にしたほうがいい
と忠告していました。

井上咲楽さんのお父さんは職業非公開となっていますが、
山林に関係する仕事をしていたのかも知れません。

あるいはまったく関係ない職業だったけど、
何かがきっかけで山への開拓にあこがれていた。

家族(特に奥様)説得したのか。
あるいは奥様のほうがむしろ乗り気だったのか。

そういうところもきになります。

画像元:https://www.instagram.com/bling2sakura/

なお自然で一つ思い出したことがあります。
こちらのモデルは昔、外国にある日本人学校でいじめを受けた際、
解決策として現地でサバイバル生活を送らされました。

結果として肝っ玉が太くなり、今のお仕事へつながっているのです。

自然というのは不合理でできているため、
井上さんやこちらのモデルのように強くなりますよね。

なお上記画面を見ると、井上さんの眉毛が気になってしまいます。
この眉毛、実はとんでもなく大きな秘密があったのです。

ただ太いのではありません。井上さんの人生に係わるほど大きな意味があるのです。

 

井上咲楽の兄弟が多いうえに

画像元:https://lineblog.me/inouesakura/archives/9242422.html

井上咲楽さんは4姉妹で咲楽さんが一番年上です。
井上さんのブログでは4姉妹の顔も公開しております。

2017年時点で高校1年生、小学校6年生、小学校1年生となっております。

井上さん一家で食事をとる(主に外食)際、面白い話が一つありました。
井上一家は一人一品を頼まないとのこと。

家族の中で必ず誰かが残すためであり、
4人中2人はメニューを頼み、残り2人はひたすらつまむ係です。

僕の家族は3人であり、一人一品を頼みながら、
兄弟や父親が頼んだ食事をよくつまんでいました

ほかにも僕が知人と居酒屋で飲むとき、井上一家と同じ行動をとります。

僕は大食いなので自分からメニューを依頼しつつ、
他人が頼んだメニューも時折つまむのです。

はしたないですね、僕。

僕の話はここまでにして、井上さん一家は4人とも女子とのことで、
父親の立場はいろいろ大変だろうなあと思いました。

男の子が多いのも大変ですよ。やんちゃですからね。
ちなみに子供がみな女の子の芸能人として、現時点ではこちらの芸人がいます。

芸人のお子さんと奥様がとてもかわいいの。

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪