現在のセリーヌディオンが死の一歩手前すぎて本当に心配なんだが




画像元:https://austinemedia.com/

本当に何があったんだ、セリーヌ……

今朝ツイッターにて一つのつぶやきがありました。
歌手セリーヌディオンさんに関する内容であり……

あまりの痩せっぷりにびっくり。

一体彼女に何があったのか?
調べたところ……ワクチンが原因なのか?

 


セリーヌディオンの簡単な生い立ち

はじめにセリーヌディオンさんの簡単な生い立ちを書きます。

正式な名前は「セリーヌ・マリー・クローデット・ディオン」で、
1968年カナダ東部(フランス系移民が多い、公用語はフランス語)出身

14人兄弟の末っ子として生まれた……すごいなあ、セリーヌさんの両親。

幼い頃から歌手としての才能を発揮しており、
セリーヌのお兄さんがカナダの音楽プロデューサーで現夫の
ルネ・アンジェリルさんにデモテープを送ったと。

※下記画像左のおじさん

このころ、ルネは音楽プロデューサーをやめようと思っていた。
セリーヌの唄声に感動を覚え、彼女のプロデューサーになろうと決意した。

私財を投じながらもセリーヌの才能を飛躍させ、12歳で歌手デビューを果たしたのです

画像元:https://austinemedia.com/

最初のアルバムを出した時点で、各会社からオファーが殺到したものの、
彼女の価値をグンと高めるため、依頼を断った(喉の酷使、よくない)

82年に初来日。日本でセリーヌ・ディオンといえば
「タイタニック」のテーマソングですよ。

僕もタイタニックのテーマソングを通して、初めて彼女を知りました。

サビ部分の高音がたまらなくすごい!
僕の姉はぼろ泣きしてましたよ。

 

セリーヌディオンによる英語学習法

セリーヌさんはカナダ生まれで母語はフランス語です。
英語はほとんどできなかったとのこと。

※上記ツイートはケベック州にお祝いのメッセージを伝えている

英語圏(主に米国)に勝負を挑むため、必死に英語を学びました

異国人にょる英語学習法が気になっていろいろ調べたのですが……
具体的な勉強法は乗っていなかった。

代わりに乗っていた情報が「訛り」でした。
フランス語独特の訛りを取り除き、きれいな発音を出す。

普通の人なら訛りがあっても特に問題はないと思いますが、
セリーヌは歌手であり、訛りは唄声に大きく響きます。

トレーナーの元、限りなく訛りを取り除いたとのこと。

フランス語の発音において、英語と違うルールがあります。

例えば日本語ですと母音は5つ、フランス語は7つほど、
英語は10個以上あって、本当に大変です。

 


運命の2016年そして…

話をセリーヌディオンの生い立ちに戻します。

94年にルネプロデューサーと結婚し、
1999年に出産及び夫のガン治療のため、一時休養宣言を出します。

2002年に復帰、しばらく歌手として活動し、
14年にふたたび旦那の治療および自身の喉炎症治療のため休養するのです。

16年に旦那がこの世を去っただけでなく、
旦那を追いかけるようにして、お兄さんもすぐ亡くなった

お兄さんと旦那の二人がいなければ、
セリーヌは今頃違う人生を送っていたでしょう。

画像元:https://www.vogue.co.jp/

17年のムービーウォーカーニュースによりますと、
肌を露出したドレス、ド派手すぎるファッション……

セリーヌディオンファンから見て、
かなり衝撃の衣装を身にまとい、失望の声が上がっていたのです。

VOGUEにセリーヌのファッション画像がありました。

昔からこういうファッションに身を包んでいるならともかく、
愛する二人の死によってファッションも変わったのなら、さすがにいろいろ心配しますね。

そして僕がびっくりしたニュースがこちら……

 


セリーヌディオンの現在が痩せすぎなうえ

画像元:https://marktaliano.net/

今朝出回ったツイートを見て、僕は衝撃を受けました。

痩せすぎじゃないか、どうしたんだ、体大丈夫か?
(彼女はまだ50代です)

米国MARK TALIANO(ワクチン指摘サイト)にて、
セリーヌディオンを心配する記事を上げていました。

ヨーロッパツアーが行う予定だったが中止になった
持病の筋けいれんに悩まされ、行けなくなってしまったのが原因と。

ワクチン接種が原因でけいれんが進んだんだ!
MARK TALIANOで語っていますね(因果関係はわかっておりません)。

ちなみに上記サイトで、
激やせとワクチンの因果関係については触れておりませんでした。

19年のムービーウォーカーニュースによりますと、
すでに激やせ状態と報道されていた。

痩せが目立ち始めた時期が18年ころであり、
旦那とお兄さんの死による精神的ショックが原因でないかと言われています。

VOGUEにてセリーヌ本人のコメントがありました。

「今のスタイルが自分(セリーヌ)にとって魅力であり、
これ以上追及する話でもない、ほっといてくれ」

本人が今の体で満足しているなら、仕方ありませんね。

歌手は体力を必要とするため、激やせ状態で歌いきれるのか?
僕は不安を覚えます。少し太ってほしいと思うのです。

 


コンサート延期はワクチン接種のせい?

もう一つはワクチン接種に関して、僕の思うことを。
僕はすでに3回ワクチン接種を行いました。

二回目と三回目は体がだるく、2日後にデトックス状態となりました。
熱よりも腹痛(トイレ)が辛かった。今は普通に生活を送っています。

ワクチンによる好転反応は熱やだるさが多く、
セリーヌは持病として筋肉のけいれんに悩まされており、
ワクチンの影響があるかといったら、あると思います。

僕も倦怠感に見舞われ、一日中ぐったりしていましたから。

数日たったら、たいていの場合体調も元に戻るのです。

現にセリーヌさんは2週間前に新曲を発表しているし、
コンサートツアーもドイツやフィンランドなど、北欧を中心にツアー活動を行っております。

これからも精力的な活躍、頑張ってください。