平野レミの夫が描くイラストってサルでも描けそうじゃね?

画像元:https://nostos.jp/

昨日のダウンタウンDX、お料理特集で平野レミさんが出ていました。
いろいろ暴走して面白かったよ~。

平野レミさんは結婚しております。
旦那は和田誠さんでイラストレーターを務めております。

レミさんが自由奔放なら和田誠さんはきっちりしているのだろう。
思っていろいろ調べたら……違いました。

今日は和田夫妻の馴れ初めやイラストに対する感想を書きます。

まず和田さんのイラストを見ると、こう思いません?

「こんな簡単なイラスト、サルでも描けるんじゃない?」

 

和田誠のイラストはサルでも描ける?

画像元:https://www.smokebooks.net/

昨今のイラストと比べると、和田誠さんの絵を見ても「うまい」と感じません。
むしろ「よくこんなのでお金をいただけるなあ」思うでしょう。

パースはもちろん、陰影や人体をきちんと描けていない。

上記イラストにある両脚を見てください。骨が折れちゃいますよ、これ。
(絵本だから、こういった方がむしろ親近感を抱く)

芸能人格付けチェックといった番組で
「どちらが和田誠さんが描いたイラストでしょう?」

試したら、7割の回答者は間違えるのではないでしょうか?

ちょっと勉強すれば、だれでも描けると思うでしょう。

その考え、甘い!

和田誠さんの描く絵について、大半は模写すればできるでしょう。

模写そのものがまず絵を描くにあたり、一つの壁です。

思うように模写ってできませんから。

続いて人間は誰もが理想の絵を持っております。

和田誠さんが描く理想の絵と、
自分が思い浮かべる理想に差があるほど、マネできません
簡単に模写できないのも同じ理由です。

そしてイラストで最も重要な部分が、購入を促す発想です。
発想を言い換えると世界観です。

自分が描きたいものを描くだけでなく、
小説なり雑誌の表紙で、購入させる気になる絵を描く。

イラストだけなら、ある程度技術を見につければ、
ある一定の部分まで、マネできると思います。

そこから先の、目に見えない部分は決してまねできません。
(目に見えない部分は世界観や購買欲を起こす何かなど)

目に見えない事情を知らない、感じ取れない人が、
プロのイラストレーターといざこざを起こすのです。

 

週刊文春のイラストを担当

画像元:https://remy.jp/products/clock.html

和田誠さんは週刊文春の表紙を担当しています。

僕は週刊文春を購入しておりませんが、
イラストを見ると「どうしてこういう絵にしたのか?」思うのです。

すると、和田誠さんのイラストに惚れこむ記事を見つけたのです。
上記画像を見たうえで、和田誠さんと平野レミさんとの対談を載せます。

「どうして1回目は鳥を着地させ、2000回は羽ばたかせるのか?」

レミさんの質問に対し、誠さんは答えます。

「鳥が勝手に考える」

引用元:https://sync-ideas.net/wadamakoto

レミさんは困惑しておりますが、僕はレミさんに驚いています。
レミさんも伝説を作るほどの料理人です。

ブロッコリーをいじらずにぶっ刺した料理など、視聴者をあっと言わせているのです。

画像元:http://twiggy-twiggy.com/post/852

なぜレミさんはブロッコリーを突き刺した料理を考えたのか?
おそらくレミさんは和田誠さんと同じように、

「ブロッコリーが言ったの。俺を立ててくれと」

真意を聞いてもわからないと思っているのですよ。

なお彼女の考え方についてはこちらにも書いております。
昨日の記事を読んだうえで平野レミさんを見ると、すごいなと思うのです。

週刊文春にある絵と絵本のイラストを見比べますと、

「同一人物か、これ?」思うほどびっくりするのです。

ギャップがイラストレーターのすごさよ!

 

和田誠と平野レミの馴れ初めがぶっ飛びすぎw

画像元:https://dot.asahi.com/wa/2014041100041.html

ともに感性が鋭い和田夫妻、馴れ初めもやっぱりすごかった。

和田誠さんは1936年生まれの2018年時点で82歳。
平野レミさんは1947年生まれの現時点で71歳となっております。

年の差が10歳以上も離れている夫婦ですね。

きっかけはラジオです。
平野レミさんは料理研究家のほか、シャンソン歌手としても有名です。

歌手として、あるラジオに出た際、和田さんが一目ぼれ。
仲介者を頼って、二人は意気投合し、一週間で結婚しました。

なお仲介人は一人や二人ではありませんが、
みんな口をそろえて「やめといたほうがいいよ」と、ありがたい忠告をしていたのです。

結婚後、一時芸能界から身を引いた平野レミさんですが、
和田誠さんが知り合いや仕事仲間を自宅に招き、
レミさんお手製の料理を食べてもらったことで……

平野レミさんは今の料理研究家の地位についているのです。

二人の血を義理の娘である和田明日香さんが受け継いでいます。
明日香さんの面白さはこちらをお読みください。

こういうのを見ると、夫婦になる人はバランス、
お互いに長所を伸ばし、短所を補える人がいいのだろうなあ。

ABOUTこの記事をかいた人

ミーハー男Taichi

僕はサラリーマンという平凡な毎日を送ること早10年目を迎えました。 職場ってなんとも言えない独特な人間関係がありますよね。。。 当ブログでは、そんな職場などで、朝のあいさつから始まる軽い雑談や、昼休みに同僚とランチをする時などに使える『会話のネタ』を、最新トレンド情報を中心に紹介していきます。 あなたの生活に少しでもお役に立てれば嬉しいです♪